節約初心者にありがちな節約でストレスを溜めてしまう失敗

スポンサーリンク

節約の方法あれこれ

節約の方法といわれ思い付く、節約の方法といえば・・・

・安い商品を探して買う。
。無駄な買い物を控える。
・水道光熱費の無駄使いをしない。
・ネットやスマホの通信費を見直す。
・生命保険などの保険料を見直す。

節約の方法といえば、上記のようなことを思い付くと思います。

安い商品を買うにも時間を掛けるのはダメ!

そして、上記の「安い商品を探して買う」となると・・・

例えば、1円でも安く食材を買うために、安いスーパーを探し何軒もはしごすれば、相応に時間が掛かることになると思います。

そこで、食材を1円安く買えたとしても、多くの時間を掛けてしまえば、それは、節約以上に大切な時間の無駄使いということになると思います。

そして、そのような節約を続けていればストレスが溜まることになり、時間を掛けた割には節約の効果は薄いと思います。

節約を止める結果に!

上記のことは、節約初心者の方にありがちなことで、上記のようなことを続けていれば・・・

次第に、節約することが面倒くさいとか億劫になってしまい、節約することが嫌になり、節約自体を止めてしまうという人もいると思います。

そこで、節約を無理なく長く続けるには、節約することでストレスを溜めないことです。

そして、ストレスが溜まらなければ、節約することを面倒くさいとか億劫とか思わないようになると思いますので、無理なく長く節約を続けられると思います。

家計簿を付ける付けないは人によりけり

また、節約するには、家計を管理するために「家計簿」を付けることが、必要で大切だといわれていますが・・・

しかし、毎日コト細かく家計簿を付けることがストレスにってしまうと、最終的に家計簿を付けることを止めてしまい・・・

さらに、家計簿を付けることを止めてしまったことで、その先の節約することも止めしまうということにもなりかねないと思います。

そこで、家計簿を付けることがストレスになるような人は、むしろ家計簿など付けない方がマシだと思います。

最後に

節約は、苦しみながらするものではなく、ましてや、ストレスを溜めてするものでもないと思います。

そこで、節約ではストレスを溜めることなく、楽しみながら続けることが大切だと思います。

そして、節約初心者の方にありがちなのが、一度に多くの節約をしようとして、節約に行き詰ってしまったり、挫折してしまうことです。

そこで、節約初心者の方は、小さな節約からはじめて節約に慣れてから、徐々に大きく(多く)節約することを考えれば良いと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク