置き換えるだけで簡単に節約ができる置き換え節約とは?

スポンサーリンク

置き換え節約とは

例えば、食費を節約しようと思うとなると、とにかく安い物を探して食材を買うなどのことをすると思います。

もしくは、食事の品数を減らすとか、中には食事自体を食べないなどの人もいると思います。

そこで、同じ食材でも安い物を買うのではなく、使う食材を別の物に置き換えることで節約することができます。

以下、上記の置き換え節約の方法を説明したいと思います。

ハンバーグで置き換える

ハンバーグを作るとき、ひき肉に炒めた玉ねぎを入れ、つなぎにパン粉などを入れてハンバーグを作ると思います。

そのひき肉ですが、ひき肉の代わりに「おから」や「豆腐」などを混ぜることで、ひき肉を別の食べ物に置き換えて、節約することができます。

その値段は、ひき肉で安い物は、100グラム「120円前後」になると思います。

一方豆腐は、安い物で100グラム「15円前後」になりますので、ひき肉に比べると安く使うことができると思います。

ビールを発泡酒に置き換える

一般に売らるビールを買うと、安売りで350mlが「210円前後」になると思います。一方発泡酒は、安売りで350mlが「130円前後」で買えると思います。

その差は「80円」になりますので、ビールを発泡酒に換えるだけで、80円浮いて節約できるということです。

そして、毎日ビールを飲むとなると「塵も積もれば」ではないですが、1日80円と小さな節約でも後々大きな額になると思います。

さらに、ビールを「炭酸水」に置き換えると、安い物だと500mlで「80円前後」で買えると思いますので、さらに節約することができます。

サラダで置き換える

例えば、サラダが食べたいと思い、トマト、レタス、キュウリ、ニンジンなどの野菜を単品で買うとします。

しかし、サラダを作ろうと、上記のようないろいろな野菜を単品で買うとなると、それなりにお金が掛かることになります。

そこで最近では、カットされた野菜や手軽に使えるカットサラダなどがありますので・・・

そういった物を利用すれば、多くの野菜を買うことなく一度で食べ切れる量ですので、食べ切れず腐らせ捨てるなどの無駄もないと思います。

最後に

節約するには、単に安い物を買うというだけでは、限度(限界)があると思います。

そこで、上記に書いた置き換え節約を活用することで、安く買った物をさらに安く利用することができると思います。

節約には、1にも2にも工夫が大切だと思いますので、上記のような置き換え節約で工夫することで、さらに多くの節約ができると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク