エアコンの暖房について電気代を節約する節約術あれこれ

スポンサーリンク

エアコン(暖房)の電気代について

冬といえば、エアコンの暖房を使うという人も多いと思います。

そこで、エアコンの暖房で電気代を節約する方法について、以下に説明したいと思います。

まず、エアコンの暖房の電気代は、設定する温度で、料金に差(幅)がありますが「3円~40円」(1時間)になるそうです。

そこで、エアコンの設定温度を下げれば、それだけ電気代を節約することができます。

また、エアコンの風量についても、風量を多くすれば電気代は高くなりまますし、風量を少なくすれば電気代は安くなります。

エアコンの風量などについて

ですので、電気代を安く節約したいと思うなら、風量を少なく(弱運転)した方が、電気代の節約になります。

ただし、弱運転だと電気代が高くなることも、場合によってはあるそうなので・・・

エアコンの風量で、電気代を節約するなら「弱運転」か「自動運転」が良いそうです。

また、エアコンの風向きについては「下向き」にした方が、上向きよりも部屋の中が温まりやすくなります。

それは、暖かい空気は上に行きますので、風向きが上向きだと部屋が温まりにくいからです。

サキュレーターで空気を循環する。

そこで、部屋を全体的に均等に温めたいなら、サキュレーター(送風機)を使うと良いです。

サキュレーターを使うことで、部屋の空気を循環させ温かさを均等にします。

また、部屋の温度を均等にすることで、部屋上に溜まった暖かい空気が循環されますので、部屋を均等に温めることができます。

そして、部屋が温まりやすくなることで、エアコンの電気代を節約することができます。

ただし、サキュレーターを使えば、それだけ電気代が掛かりますので、節約を考えるなら使い方に注意が必要です。

電気ひざ掛けを活用する!

これは、私がやっている節約の方法になるのですが・・・

私は、基本的に冬の暖房は「電気ひざ掛け」を使っています。それは、エアコンに比べて電気代が安いからです。


しかし、電気ひざ掛けだけでは寒い。という日もあります。

そういった日には、エアコンと電気ひざ掛けの両方を活用することで、エアコンの設定温度と風量を下げることで・・・

エアコンの電気代が、高くならないようしています。

そのことで、1時間当たりの電気代は、数円浮く計算になります。

最後に

上記以外のエアコン暖房の節約方法は、窓にカーテンを付けて外気を遮断する。

また、フィルターをこまめに清掃することで、エアコンの性能を落とさないように気を付けるなどがあります。

そういった、エアコン暖房の節約方法もありますので、少しでも多く電気代を節約したいと思う人は、やる価値があると思います。

特にエアコンの使用頻度が多い人は、上記を実践することで、より多く電気代が節約ができると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

水道光熱費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ