ATM手数料を気軽に払ってしまう人は節約には向かない。

スポンサーリンク

銀行の利息はあってないようなもの

現在のマイナス金利のおかげで、1千万円を1年間預けて貰える利息は、銀行にもよりますが「100円程度」になると思います。

こうして改めて利息を見ると、利息なんてあってないようなものだと思います。

その一方で、ATM手数料は「108円」になり、場合によってはそれ以上になります。

それは、ATMで一回の手数料を払うと、1千万円を1年間預ける利息と同じだということになります。

そこで、いかにATM手数料が高いかということが、簡単にわかると思います。

ATM手数料を払う人が後を絶たない。

しかし、ATM手数料の108円を簡単に払ってしまう人が、後を絶たないといいます。

そこで思うのは、簡単にATM手数料を払ってしまうような人は、金銭感覚が少し麻痺しているのだろうな。と思ってしまいます。

もちろん、ATM手数料を払ってでも、どうしてもお金が必要な場合などには、ATM手数料を払っても仕方がないと思います。

しかしそのような場合は稀で、やはりATM手数料は、お金の無駄でしかないと思います。

そして私の場合でいうと、ATM手数料を払った記憶がここ数年ありません。それぐらい、ATM手数料を払ってないということです。

ATM手数料など払わぬ!

なぜ私がATM手数料を払っていないのか、それはATM手数料は「お金の無駄」でしかないと思っているからです。

ですので、数千円や数万のそこらのお金を下ろすのに、108円の手数料は高すぎる!いい加減にしろ!と、銀行にいいたい。

しかし、人によっては108円の手数料ごときで、ゴチャゴチャいうな!という人もいます。

また、文句があるならATMを使うな!という人もいます。

そこで、私は使う場所により回数制限がありますが、基本的にATM手数料が「無料」のカードを使っています。

節約には工夫も必要

そして、その回数制限を超えることはなく、ATM手数料をここ何年は払っていません。

ですので、節約を考えるなら、ATM手数料が無料になるカードを作れば良いと思います。

ちなみに、私はみずほ銀行の「みずほマイレージクラブ」のカードを使っています。

とにかく、ATM手数料はお金の無駄でしかないと思いますので、払わないようにする工夫が、節約には必要になると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

カード関連
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ