不要な物をオークションで売っても節約になる場合とならない場合がある。

スポンサーリンク

不要な物はオークションへ

不要な物を処分しようと思い、そのまま捨ててしまう人もいると思います。

しかし、節約などを考えている人は、ヤフオクやメルカリやモバオクなどで、不要な物をオークションに出品して・・・

そこで無事に落札されれば、欲しい商品を落札した人は、商品を安く手に入ることができると思います。

また、商品を出品した人は、元々不要な物でしたので・・・

それが現金に変われば、それだけ節約できたということになると思います。

何でも出品すれば良いというわけではない

しかし、出品した商品が落札されなければ、お金に変わることはありません。

そこで、誰にも落札されなければ、出品するための手間(時間)が無駄になった。ということになると思います。

また、オークションに出品するには、写真を撮ったり、説明文を考えたりなど、何かと時間が掛かり、仮に落札されたとしても・・・

その手間分のリターンがなければ、それも時間の無駄になると思います。

人気がないゲームは落札されない!

例えば、不要な中古ゲームがあり、それをオークションに出品したとしても・・・

人気があるゲームなら、すぐに落札されると思います。

しかし、人気がないゲームの場合、入札額次第になりますが、入札額を下げなければ、落札されることはないと思います。

そこで、落札してもらおうと思い、入札額を下げると思いますが、そうすると・・・

出品するための手間が掛かった割には、リターンが少ないということになります。

中古のノーブランド服は二束三文

また、もう着ないとか不要になった服を持つ人は、多いと思いますが・・・

オークションに出品したとしても、他の人も考えることは同じで、中古の服などは多く出品されています。

そこで、中古のノーブランド服では、新品でもない限り二束三文だと思います。

ということは、出品する手間などを考えると、オークションに出品せず、お下がりとして誰かにあげるとか・・・

または、買取ショップなどに持って行った方が、手間が掛からないと思います。

最後に

上記に書いたように、何でもかんでもオークションに出せば、節約になるということはないと思います。

そこで、手間が掛かる相応のリターンがない商品は、むしろオークションには、出品しない方が良いと思います。

ということで、不要な物をオークションで売ったとしても、節約になる場合とならない場合がある。という話しで・・・

手間相応の価値がない商品は、誰にとっても大抵不要だということです。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました