袋分けで家計を管理すると貯金が増えたり節約になるのか?

スポンサーリンク

袋分けとは

袋分けとは、給与を貰ったら、食費、水道光熱費、雑費など、それぞれを封筒などに分けて、別々に管理する方法です。

袋分けの詳しい方法は、例えば、給与で20万貰ったらすぐに・・・

食費3万、水道光熱費1万、雑費1万などと、袋に分けてそれぞれを管理することで、それ以上無駄にお金使わないようにします。

そうすることで必要以上にお金使うことがなく、家計を管理できたり節約などができるメリットがあります。

袋分けの基本

袋分けの基本は「変動費」を袋分けすることです。変動費とは、食費や水道光熱費など、その月により変わる支払いのことです。

そして、変動費を袋分けすることで、毎月どの程度使ったのかを個別に知ることができます。

そこで、今月は使い過ぎたので来月は減らそうとか、今月は減らせたのでこのままのペースで行こうとか、そういったことができます。

逆に、家賃や保険などの固定費は、毎月同じ額を払いますので、袋分けする意味は少ないと思いますので、やるやらないは自由かと思います。

固定費の見直し

袋分けすることで、上記に書いたように「変動費」の管理については、することができると思いますが・・・

しかし、固定費は基本的に袋分けしませんので、家計管理から目が離れてしまうこともあると思います。

そこで、固定費については、毎回だと大変だと思いますので、月1回とか定期的に確認することが必要で、ときには見直しを検討する必要もあると思います。

それは例えば、固定費の通信費でスマホの料金が高いと思えば、格安スマホに変えることで節約を検討するなどです。

家計管理で重要なのは?

家計管理で重要なのは、固定費も重要ですが、変動費を管理することが重要です。

その理由は、変動費については使い方次第で、高くもなるし安くもなりますので、自分の努力次第でどうにでもなるからです。

例えば、食費が毎月3万のところを節約しようと努力することで、その食費を2万にも場合によっては1万にもすることができるからです。

とにかく、変動費を管理することは重要で、袋分けすることで、変動費を率的に管理できれば良いと思います。

最後に

袋分けで注意したいのは、例えば食費が足りないからと、雑費から1万抜いて使ってしまうなどの移し替えはNGです。

また、袋分けのお金が余ったからといって、余ったお金を無駄に使ってしまうのもNGです。

余ったお金については、貯金するとか自己投資するとか、自分の目的に合わせて使うことが大切です。

以上のことを踏まえて、袋分けを率的かつ有効に使うことができれば、貯金を増やしたり節約したりなどに、大きく貢献できる可能性があると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金・貯金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ