もやしを使った鍋料理などで食費を節約する方法について

スポンサーリンク

もやしの値段などについて

もやしといえば、安く買える野菜ということで、有名な野菜になると思います。

そして、私がよく行くスーパーでは、1袋39円(税別)で買うことができます。

さらに、駅前にある業務スーパーだと、1袋30円以下で買うこともできます。

ということで、もやしは安く買うことができ、家計にやさしい食べ物になると思います。

さらにもやしは、見た目の量が多いので、安く買える食材の割には、食べたときの腹持ちというか満腹感も良いと思います。

もやしの栄養素について

もやしはカロリーが低く、いろいろな栄養素を含んでいます。

もやしのカロリーは、緑豆もやしの場合、100gで「14kcal」と低く、普通に食べるだけでなく、ダイエットなどにも良いと思います。

栄養素としては、カルシウム、カリウム、葉酸、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維、アスパラギン酸などが含まれています。

例えば、食物繊維には、腸の調子を整えたり、便秘の改善に効果があります。

またアスパラギン酸には、疲労回復や代謝の活性化などの効果があるといわれています。

鍋の食材としてのもやし①

そして、寒い冬といえば、鍋の季節といわれていますが・・・

寒い冬に鍋を作るにも節約を考えるなら、少しでも安い食材で作りたいと思うのが、本音だと思います。

そこで、鍋を安く作るには、安く買えるもやしを使わない手はないと思います。

例えば、鍋にもやしたくさん入れて、その他に好きな具材を入れた「もやし鍋」は、安く作れると思います。

その値段としては、一人前で100円以下で作れると思います。

鍋の食材としてのもやし②

また、鍋に入れる野菜ですが、野菜の種類によっては、高い野菜もあると思います。

そういったときには、節約のことを考えて高い野菜の代用品として、もやしを使うという方法があります。

そのことで、節約することができますので、もやしをそういった使い方で、節約に活用することもできます。

とにかく、もやしは安く買えますので、食費を節約するには、使い道がいろいろとあるということです。

最後に

節約を考えて、上記のように鍋にもやしを使うのも良し・・・

また、野菜炒めやラーメンの具材などに使うのも良しで、もやしはいろいろな料理に使えると思います。

特にもやしは、味が薄く癖がないので、いろいろな料理に合わせやすいと思います。

ということで、安く買えるもやしを使うことで、食費を節約できるという話しでした。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

食費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました