ベランダ菜園で食費の節約は残念ながら厳しそうです。

スポンサーリンク

ベランダ菜園で食費を節約

家庭菜園というと、ある程度の土地が必要で、手入れなどの手間も掛かるので・・・

少し大がかりになると思い、敬遠する人もいると思います。

しかし、家庭菜園より規模が小さい「ベランダ菜園」となれば・・・

ベランダで、こじんまりと菜園ができますので、ベランダさえあれば、誰にでも手軽に簡単に始められます。

そこで「ベランダ菜園で食費は節約できるのか?」そのことについて、以下に書きたいと思います。

初期投資は1000円あれば足る

ベランダ菜園に用意するものは、プランター(土を入れる容器)、土、肥料、野菜の種、最低限だとこれだけです。

その価格は、安く済ませれば「1000円」もあれば、用意できるそうです。

そして、いろいろな野菜を育てることで、十分に元が取れるという人もいます。

しかし、元が取れるというのは、予定通りに順調に野菜が育ってくれた場合の話しになります。

また、初期投資の元がとれるかどうかは、育てる野菜の種類によるとのことです。

ベランダ菜園で人気の野菜

ベランダ菜園で、比較的簡単に作れて人気がある野菜は・・・

トマト、ピーマン、キュウリ、オクラ、小松菜、ほうれん草などだそうです。

そして、小松菜やほうれん草などの「葉物類」は、比較的簡単に育てることができるそうです。

そこで、ベランダ菜園を始めようと考えている人は、最初に育てる野菜は、葉物類が良いとのことです。

ちなみに、小松菜は「1束」(200g)で「150円前後」で売られています。

そこで、ベランダ菜園で「7束」作れば、初期投資が1000円と考えると、元が取れる計算になります。

育てる野菜で節約できるかは変わる

ベランダ菜園は、あくまでも野菜が順調に育って、それで初めて節約になるからなないかになるとのことです。

そこで、ベランダ菜園が節約になるかならないかは、野菜の育ち方次第ということになると思います。

また、育てる野菜の種類によっても変わるそうです。

それは、単価の高い野菜なら、採算が取れ節約になる可能性があります。

しかし、スーパーで安く売られている野菜を育てても、それでは採算は取れないので、節約にならないそうです。

最後に

ベランダ菜園は、初期投資や野菜を育てる手間が掛かります。

そこで、野菜が順調に育って食べられるようになったとしても、残念ながら節約にはならないという意見が多いです。

また、ベランダ菜園をしている人の多くは、食費の節約にはなってないそうです。

総括すると、ベランダ菜園は、野菜を育てる楽しみとか、野菜の成長を見るなど「趣味の範囲」で楽しむものです。

また、野菜が無事に育って、食べられたら嬉しい程度のものだと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました