ベランダ菜園で食費を節約することはできるのか?

スポンサーリンク

ベランダ菜園で食費を節約?

家庭菜園というと、ある程度の土地が必要になり、手間も掛かるしで、少し大がかりだと思ってしまい、敬遠してしまう人もいるかと思います。

しかし、家庭菜園より規模が小さい「ベランダ菜園」となれば、ベランダでこじんまりと菜園ができますので、ベランダさえあれば、誰でも手軽に始められると思います。

そして、ベランダ菜園をすることで、食費を節約することができるのか?ということを以下に書きたいと思います。

初期投資は1,000円もあれば足る?

ベランダ野菜に用意するものは、プランター(土を入れる容器)、土、肥料、野菜の種、最低限だとこれだけです。

その値段としては、安く済ませれば「1,000円」もあれば、全てを用意できると思います。

そして、その初期投資に少しお金が掛かりますが、いろいろな野菜を育てることができますので、いろいろな野菜を育てることで、十分に元が取れるという人もいます。

ただし、元が取れるというのは、予定通りに野菜がすくすくと順調に育ってくれればの話しだそうです。また、育てる野菜の種類にもよるとのことです。

ベランダ菜園で人気の野菜は?

ベランダ菜園の中でも比較的簡単に作れて人気がある野菜は、トマト、ピーマン、キュウリ、オクラ、小松菜、ほうれん草などが人気のようです。

中でも、小松菜やほうれん草などの「葉物類」は、育てるのが比較的簡単だそうです。ですので、ベランダ菜園を始めようと考えている人は、最初に育てる野菜は、その葉物類が良いそうです。

そして、小松菜は、スーパーで「1束」(200g)で「150円前後」売られていますので、ベランダ菜園で「7束分」取れれば、初期投資が1,000円と考えると、元が取れる計算になります。

育てる野菜で節約できるかは大きく変わります。

そして、ベランダ菜園は、あくまでも野菜が順調に育ってくれて、初めて節約になるからなないか程度になるという話しです。

ですので、ベランダ菜園が節約になるかならないかは、その野菜の育て方次第だということだそうです。また、育てる野菜の種類によっても変わってくるそうです。

それは、単価の高い野菜なら、採算が取れ節約になる可能性がありますが、スーパーで買っても安い野菜を育てても、それでは採算は取れないので、節約にはならないとのことです。

最後に

ベランダ菜園は、育てる手間が掛かる分、野菜が順調に育って食べられるようになったとしても、残念ながら節約にはならないという意見が多いのが事実です。

ということで、ベランダ菜園を作っている人の多くは、節約にはなっていないそうです。

総評すると、ベランダ野菜は、野菜を育てる楽しみとか、その野菜の成長を見るなど「趣味の範囲」で楽しむもので、野菜が無事に育ってくれて、食べられたら嬉しいな程度のものだそうです。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

食費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ