スーパーの買い物で節約するにはカートは使わないこと!

スポンサーリンク

カートを使うと滞在時間が長くなる!

スーパーに入ると、何も考えずにカート(買い物カート)に買い物カゴをセットして、それから買い物をしていませんか?

カートで買い物をするのは楽だと思いますが、その分スーパーにいる滞在時間が伸びがちになります。

それは、買い物カゴを手で持つよりカートで買い物をする方が楽ですので、楽な分だけ滞在時間が長くなるということです。

逆に、買い物かごを手に持って買い物をすると、商品の重みで手が疲れますので、そのことで滞在時間が短くなるといいます。

無駄な買い物は無駄

滞在時間が長くなれば長くなるほど、買い物カゴに入れる商品の数は増える傾向にありますので、結果的に無駄な買い物が増えると思います。

無駄な買い物とは、スーパーにはいろいろな商品が売っていますので、それらの商品に目移りしてしまい、あれもこれもと買ってしまうということです。

しかし、今必要ないものを後々必要だからと買ってみても、後々使わず無駄にしてしまうこともあると思います。

そして、無駄な買い物は無駄でしかなく、節約とはかけ離れた行為になると思います。

そこで、スーパーの滞在時間を減らして、効率良く買い物をするには、どのようにすれば良いのかということですが・・・

買い物では重みを感じること!

それは、買い物カゴは手に持って、その重みを感じながら買い物をすることが、結果的に節約につながると思います。

買い物カゴを持って買い物をすると、商品の重みを感じることができますので、その重さで商品の多い少ないがわかり、買う商品を厳選できると思います。

一方、カートを使うと楽なので使う人は多いと思いますが、カートを使うと、どの程度の商品を買ったのか、商品の重みを感じることができません。

そのことで、商品の重みを感じることができないので、買い物カゴにどんどん商品を入れてしまいがちになると思います。

それでは節約にはならず、米などの重い物を買うとき以外でカートを使うのは、極力避けた方が無難だということになると思います。

最後に

スーパーで買い物をするときに、毎回カートを使っているという人は・・・

試しに一度買い物かごを手に持って、買い物することを試してみる価値はあると思います。

そのことで実際に節約ができれば、商品の持ち運びは大変かもしれませんが、節約のことを考えれば、多少の大変さを我慢する価値もあると思います。

そして、節約を考えスーパーで無駄な買い物をしない為にも、いろいろな工夫をすることが、結果的に大きな節約につながると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

買い物
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ