コンビニやファーストフードのコーヒーを止めて節約する方法

外で買うコーヒーは高い

コンビニやファーストフードなどで、コーヒーを買うと1杯100円になると思います。

また、スタバやタリーズなどで買うと、さらにコーヒー代は高くなると思います。

一方、スーパーなどでドリップパックなどのコーヒーを買うと、安いと1袋15円前後で買えると思います。

その差は、6倍以上の「85円」にもなります。

また、ドリップではなくインスタントになれば、さらに安く買えると思います。

ネットショップで買っても安い

またスーパーなど、外に買いに行くのが面倒だと思うなら・・・

楽天やヤフーなど、ネットショップを使って買っても、安く買えると思います。

上記は楽天の例ですが、1袋21円になります。

とにかく、外でコーヒーを買うのと、自宅でコーヒーを作るのとでは、大きな差があるということです。

コーヒーを作る手間は掛からない

コーヒーを作るには、水を温めるぐらいですので、手間が掛かるということは、それほどないと思います。

そこで、節約を考えるならコーヒーは、自分で作った方が良いと思います。

例えば、朝・昼・晩と各1杯コーヒーを飲むなら、1日3杯で3杯×85円で「255円」の節約になります。

さらに1ヶ月になると、30日×255円で「7650円」の節約になります。

そして、1ヶ月で7500円以上の節約になれば、その額としては大きいと思います。

最後に

また、自宅以外の会社などで飲むコーヒーも・・・

市販の缶コーヒーやペットボトルなどではなく、自分で作れば節約になります。

そこで繰り返しになりますが、コーヒーは自分で作った方が安くなり、節約になるということです。

さらに、コーヒーを多く飲む人は、自分で作ればそれだけ多く節約になります。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました