コンビニのヘビーユーザーは年3万以上損してるそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年間3万以上の損

節約で大切なことの一つに、無駄に高い物を買わないというのがあると思います。

そして、コンビニで買い物をするということは、無駄に高い物を買うことになることも多いと思います。

最近のコンビニは、店舗が多く身近にあり、商品の品揃えも豊富で、とても手軽に買い物ができて便利だと思います。

しかし、コンビニのヘビーユーザーになると、年3万以上も損しているといいます。

コーラの差額は50円

例えば、スーパーやディスカントストアで買えば、100円以下で買えるペットボトルのコーラですが・・・

コンビニでコーラを買うとなると、1本150円(税込)程度すると思います。

その差額は「50円以上」になりますので、1日1本コンビニでペットボトルを買うと、それだけで月1500円以上も損している計算になります。

ただし、コンビニだと近くにあったりで、冷たいコーラをすぐに飲めますので、全損だとはいいがたいと思いますが・・・

それでも1本50円以上の差は、節約している人などにとっては、大きな差になると思います。

多くの商品の値段は高いコンビニ

それ以外にも、ディスカウントストアで買えば180円程度で買えるビールが、コンビニだと200円以上もするとか・・・

また、100均で買えば100円で買える食パンが、コンビニだと150円程度するとか、コンビニにはそういった値段が高い商品が多数あります。

それは、便利なことと引き換えに、高い商品を買っているということになると思います。

そして、人によっては「便利なんだからいいじゃないか!」というかもしれません。そういう人は、便利なことにお金を払えば良いと思います。

しかし、便利だといってお金を多く払っていては節約にはならず、それを無駄だと思ってしまう人の方が多数派ではないでしょうか?

メリハリのある使い方

私もよくコンビニを利用しますが、なぜコンビニを利用するのかというと、それは近くにあり品揃えが豊富で、手軽に買い物ができて便利だからです。

しかし、繰り返しになりますが、便利だからこそ商品の値段は高く、そこにお金を使ってばかりだとキリがないと思います。

そこで節約を考えるなら、ときにはコンビニを使うのも良いと思いますが、コンビニより安いところで買い物するのが基本になると思います。

その上で、必要に応じて使うというような、メリハリのある使い方をするのが、コンビニは良いと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク