洗濯機の脱水時間を短縮することで電気代を節約をする!

スポンサーリンク

洗濯機の脱水を短縮して節約

今回は、少し細かい節約といえば、細かい節約方法になるのですが・・・

洗濯機の洗濯物の脱水を短縮することで、少ないですが電気代が節約ができると言う、節約方法の紹介になります。

そして、本題に入りますが洗濯機の脱水は、通常の洗濯機だと「6分前後」に設定されているそうです。

しかし、6分も脱水する必要はないそうで、2~3分も脱水すれば、多少濡れが残っていても干してしまえば乾きますので、特に問題はないと思います。

どの程度の節約になるのか?

脱水を2~3分に短縮すると、通常6分で脱水するより「半分以下」の電気代で済みますので、その分の電気代が節約できる計算になります。

そして、脱水時間を半分以下に短縮すると、洗濯機の消費電力を「約5%前後」削減することができるそうで・・・

それは、洗濯機の種類や洗濯する回数にもよりますが、月々の電気代で「約200円程度」、年間にすると「約2400円前後」の節約ができるそうです。

さらに、普通の人よりも洗濯回数が多い人、洗濯物が多くなる夏場、家族が多く洗濯回数が多い家庭などになると、月々200円以上の節約ができます。

脱水の短縮方法

洗濯機の脱水については、ストップボタンを押すと自動で脱水が停止しますので、それで脱水時間を短縮することができると思います。

それは、脱水をストップする時間を毎回測らなければなりませんので、面倒な部分もあると思います。

しかし、節約するのに面倒と言ってしまうと、何も節約できなくなってしまうと思います。

ですので、少し面倒になると思いますが、洗濯機の脱水で節約するのに興味がある人は、試してみる価値はあると思います。

節約の極意は小さなことからコツコツと!

節約は、小さなことからコツコツとですので、細かい節約を心掛けることで、結果的に大きな節約に繋がると思います。

そして、今回の洗濯機の脱水の節約も、細かい節約ことになると思いますが、覚えておいて損はないと思います。

また、頭の片隅に入れておけば、気付いたときに実践することができますので、節約方法の幅が広がり、さらに多くの節約ができると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

水道光熱費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ