節電の基本中の基本で使っていない家電は電源を抜くことで節約!

スポンサーリンク

家電の電源を抜くことで節約

節電(電気の節約)の基本中の基本だと思いますが、使っていない家電は、電源を抜くことで節電することができます。

それは、電源を抜かず家電が常にスタンバイしている状態だと、常に電力を使っている状態になりますので、電気代にもエコにも優しくないということです。

しかし、最近では待機電力をそれほど消費しない、エコ家電といわれる家電も増えてきていますので・・・

使っていない家電の電源を抜いても、それほど節電効果は大きくないというのが、実際のところになります。

まずは保温を止める!

しかしそうはいっても、家電の電源の抜かずに付けっ放しにしていれば、待機電力を確実に消費することになります。

それは節約という意味では、無駄なことをしているということになります。

そこで、使っていない家電で消費電力が大きいのは、電気ポットの保温や炊飯器の保温などになりますので、まずは保温を止めることで、節電効果が期待できます。

そして、仮にお湯が冷めてしまったり、ご飯が冷めてしまったなどの場合には、電子レンジを使えば温め直すことでき、電気代の節約にもなります。

節電タップを利用する。

しかし、節電のためにコンセントからか毎回電源を1つ1つ抜くのは、大変だと思います。

そこで、下写真の「節電タップ」を使えば、1か所で複数の家電の待機電力をカットできますので、楽に節電ができると思います。

最後に

使っていない家電は電源を抜くこで、少なくても確実に節電することができます。

しかし、それを1つ1つ毎回やるとなると、かなりの面倒だし、面倒な割には節電効果は少ないと思います。

そこで上記で紹介した、まずは家電の保温を止めること。そして、節電タップなどを使いより節電すれば、節電効果は大きくなると思います。

とにかく節約の基本は、簡単にやりやすいところからですので、上記に書いた簡単な方法で、節電してみてはいかがでしょうか?

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

水道光熱費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ