ガスを使わず電子レンジを使うことで光熱費を節約する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガスより電子レンジの方が節約になる!?

野菜などを少量茹でる場合は、ガスを使うよりも電子レンジを使って調理した方が、調理時間を短縮することができます。

さらに、調理する光熱費も「約1割程度」節約することがでるといいます。

そこで、ガスより電子レンジを多く使うことで、多い人だと年間「1万円以上」も、光熱費を節約できたという人もいるそうです。

光熱費の1万円といえば、大きな節約になると思いますので、節約を考えれば上記のことを試す価値はあると思います。

全て安いというわけではない。

その他には、牛乳(ミルク)などの飲み物を温めるときも、ガスではなく電子レンジを使った方が節約になります。

また、冷凍食品のチャーハンを温めるときや、パスタをゆでるときなど、そのようなときも、ガスを使わず電子レンジを使った方が節約になります。

ただし、大量の食材を温めるとか水を多く沸かすなど、温める内容によっては、電子レンジよりガスの方が安くなる場合もあります。

そこで、その辺を考えて電子レンジを使うことが、節約には必要になります。

それは、ガスではなく電子レンジを使えば、全てにおいて光熱費が安くなるということではないということです。

その他の電子レンジの使用例

その他には、電気ポットは一度に多くのお湯を沸かしますので、電気代が高くなります。

そこで、たくさんのお湯を使わないときは、少量であれば電気ポットではなく、電子レンジで温める方が節約になります。

また、炊飯器で炊いたご飯を保温しておくよりも、保温を止めて食べるときに、電子レンジを使って温め直す方が、電気代としては節約になります。

特に炊飯器の保温時間が長い場合は、保温を止めて電子レンジで温め直す方が、電気代の節約になります。

電子レンジは、上記以外の利用方法もありますので、使い方次第でアイデアは豊富にあると思いますので、いろいろな方法で節約できると思います。

最後に

最近では、電子レンジで調理できる調理器具が充実していますので、電子レンジで調理ができる環境が整っていると思います。

そこで、その環境を使わない手はないと思います。それは、その電子レンジを使うことで、光熱費を節約ができるからです。

例えば、100均で安く買える電子レンジで使えるケースを使うと・・・

食材などを温めるのはもちろん、蒸したり煮たり調理したものを冷蔵庫で、そのまま保存もできますので、1つあれば便利に使うことができ節約もできます。

節約は、少しの手間できることも多いと思いますので、少しの手間を惜しむことなく節約すれば、積もり積もって大きな節約になると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク