食洗機(食器洗い乾燥機)は本当に節約になるのか?

スポンサーリンク

食洗機(食器洗い乾燥機)について

最近、食器などを洗うのに「食洗機」(食器洗い乾燥機)を使っているという人が増えていると思います。

もしくは、節約を考えてとか、食器を洗う手間を省くために、食洗機を買おうかどうしようかと、迷っているという人もいると思います。

そこで、食洗機は本当に節約になるのか、買っても失敗しないのかなどと思い、ネットで少し調べてみました。

以下、食洗器の節約などについて、参考になればと思います。

どのぐらい節約になるのか?

まず、手洗いした場合と食洗機を使った場合の年間の差額については・・・

・手洗い・・・2.5万前後

・食洗機・・・1.5前後

・差額・・・・1万前後

※ 水道代、ガス代、電気代、洗剤代など込み

上記を見るとあくまでも概算ですが、手洗いより食洗機を使った方が、年間で「約1万前後」の節約になるとのことです。

食洗機を使うメリットなど

上記から手洗いよりも食洗機を使った方、節約になるということがわかったと思います。

また食洗機を使うことで、手洗いしている時間も節約になりますので、食洗機を使った方が一石二鳥で節約になるということです。

しかし、食洗機だと本体を購入するための「初期費用」が掛かりますので、初期費用を回収するのに数年掛かります。

ちなみに、食洗機で多い価格帯は「5~8万前後」ですので、仮に5万の食洗機なら初期費用を回収するまでに、5年程度掛かるということになります。

食洗機のデメリットなど

食洗機のデメリットとしては、まず縦置きの食洗機は場所を取りますので、台所に相応のスペースがなければ、食洗機を置くことができません。

また、食洗機を使う場合、家族が多い場合は節約になると思います。

しかし、1人暮らしや夫婦のみの場合は、手洗いの方がコストが安い場合もありますので、注意が必要になると思います。

さらに、食洗器がすぐに壊れてしまえば、節約した額も少くなりますので、手洗いよりもコスト的に大きくなる場合もあります。

最後に

手洗いと食洗機で、一番大きな差になるのは「ガス代」になります。

それは、春や夏など気温が暖かいときは、常温の水道水でも大丈夫だと思いますが、寒い時期になると、大抵「温水」で食器などを洗うからです。

温水で食器などを洗うということは、ガス代が掛かることになりますので、温水を多く使えば水道代だけでなく、ガス代もプラスして多く掛かることになります。

ですので、一番の節約になるのは、手洗いでなるべく水を使わず、さらに温水もなるべく使わないというのが、金額的には一番の節約になると思います。

ただし、時間の効率を考えるなら、食洗器を使う方が節約になります。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ