節約の弊害とかデメリットはお金を使いたくないと思ってしまうこと

つい安い物を選んでしまう

節約していると、常に節約のことを考えていて、つい安い物を選んでしまうと思います。

例えば、夕食に食べる買い物をしていて・・・

そこで、食べたい弁当を発見するも、隣に置いてある弁当を見ると値段が安い。

そして、食べたい弁当は598円になり、それほど食べたいと思わない安い弁当は、100円安い498円になります。

値段としては、100円しか変わらないのに、つい安い弁当に手が伸びてしまう。

目先の安さに負けてしまう

人生なんて短いので、好きなことをして過ごした方が、大抵の場合は良いと思います。

そこで、上記の弁当の例でいうなら、値段が少しぐらい高くても、食べたい弁当を買った方が良いと思います。

しかし、弁当を買うときに、わざわざ人生のことなど考えるはずもないことで・・・

そこで、目先の安さに気を取られてしまい、つい安い弁当を買ってしまう。

それでも、弁当の値段が大幅に違うのなら、節約を考えて安い弁当を買うのは、仕方がないこともあると思います。

節約することの弊害

節約することは、基本的に良いことだと思います。

しかし、節約には弊害というか敵というか、デメリットもあると思います。

デメリットとは、節約のことを考えて、お金を使いたくないと思ってしまうことです。

そして、上記に書いた弁当のことを例にすると、食べたい弁当より安い弁当を選んでしまうことで・・・

それは弁当のことだけでなく、他にもいろいろなことがあると思います。

例えば、服を買いたいと思っても、着れる服が多くある場合は・・・

服の例

着れる服が多くあるのにお金を出してまで、わざわざ新しい服を買わなければいけないのかと思ってしまう。

そして、悩みに悩んで大抵の場合は、服を買わないで終わってしまう。

それは服のことだけでなく、家電でも家具でも何でも節約していれば、同じことになると思います。

物を大切にするのは、良いことだと思います。

しかし、家電を例にするなら、古い家電は電気を多く食うので、電気代が多く掛かるデメリットがあります。

最後に

節約するには、無理に節約することなく買いたい物があるなら、基本的に買うべきだと思います。

しかし、買いたい物を全て買っていては、いくらお金があっても足りないと思います。

そこで、どれを買ってどれを買わないのか、その選択が重要になると思います。

しかし、節約していると選択することなく、あまり考えずに安い物を選んでしまう。

それが、節約の弊害というかデメリットになることもあると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました