ティッシュペーパーを節約する4つの方法とは?

スポンサーリンク

ティッシュペーパーの2枚重ねを1枚にして使う。

ティッシュペーパーを節約する方法としては、まず、ティッシュペーパーのほとんどは「2枚重ね」となっています。

そこで、2枚重ねのティッシュペーパーを1枚ずつわけで使えば「2倍」使うことができ、1箱で2箱分使うことができますので、それだけ節約することができます。

ただし、2枚重ねのところを1枚にすれば、それだけ薄くなりますので、鼻をかんだときなどに、ティッシュペーパーが切れたり破れたりしてしまうこともあり、不便に感じることもあると思います。

ティッシュペーパーを半分に切る。

ティッシュペーパーを真ん中から半分に切って使うことで、1枚のティッシュペーパーが2枚になりますので、通常より2倍多く使うことが出来ます。

半分にする方法は、はさみでもカッターでも包丁でも、そういったもので簡単に半分にすることができます。

しかし、ティッシュペーパーを半分にすれば、それだけ使える面積が小さくなりますので、使い方などによっては、不便に感じることもあると思います。

トイレットペーパーで代用する。

ティッシュペーパーよりもトイレットペーパーの方が安いですので、節約を考え、ティッシュペーパーの代わりにトイレットペーパーを使うという方法もあります。

しかし、トイレットペーパーは、ティッシュペーパーのように1枚ずつにはなっていませんので、1回1回切って使わなければなりませんので、不便と感じることもあると思います。

また、部屋の中にトイレットパーパーが置いてあったり、それを実際に使っていたりすると、見た目はあまり良くないと思います。

そこで、節約できるなら、1枚ずつ切って使う不便や見た目が悪くなっても良いなどという人は、試す価値はあるのかなと思います。

町中で配られているポケットティッシュを使う。

外を歩いていると、駅前などでは、良くポケットティッシュが配られていると思います。

そこで、そのポケットティッシュを積極的にもらうことで、そして、そのポケットティッシュを使うことで、ティッシュペーパーを節約することができます。

市販のティッシュと比べ硬めなのが玉にきずですが、ティッシュとして使えますので、ティッシュペーパーの代用として使えば、節約に繋がると思います。

また、外出用のバッグなどにポケットティッシュを入れておけば、何かと役立つと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ