ただ自炊するだけでは食費の節約にならないその理由とは?

スポンサーリンク

自炊は節約にならない?

食費を節約するには、自炊するのが良いと誰もがわかると思います。

しかし、食費の節約を考えて、ただ自炊するというだけでは、節約にならないことも多いという話しが以下になります。

食費の節約というと、自炊しろと何が何でも自炊を勧める人がいますが、自炊もやり方次第では節約にならないと思います。

その理由を以下に書きたいと思います。

外食は人件費などが上乗せされている。

外食するよりも、無駄に高い食材を使わなければ、自分で自炊した方が食費の節約になると思います。

それは外食では、場所代や人件費や手間などの料金が、食事(料理)の代金に上乗せされているからです。

一方、自炊すれば自分で食事を作りますので、人件費などの料金が上乗せされることはありませんので、その分安くなるということです。

しかし、自炊しても多くの時間を使っていては、返って節約にはならないと思います。

コンビニのパスタ

例えば、コンビニで売っているパスタなどの麺類は、定価だと「350円前後」で買うことができると思います。

一方、自炊でパスタを作るには、人にもよると思いますが、市販のパスタソースを使えば、15分もあれば作れると思います。

しかし、パスタを作るのにその15分ではなく、例えば30分以上掛かるなら、むしろコンビニで買った方が、食費の節約になるということです。

ではなぜ、コンビニのパスタの方が節約になるのか、理由を以下に書きたいと思います。

節約には時間が大切

その理由は、例えば「時給1000円」で働いている人は、30分働けば「500円」になります。

そして、コンビニでパスタを買うのと、自炊で30分使うのを天秤に掛けると、上記からコンビニでパスタを買った方が「150円」浮く計算になります。

さらに、自炊すれば食器が汚れますので、食器を洗う水道代や時間も食うことになります。

またときには、食器に料理の盛るときや食器を洗っているときなどに、食器を壊してしまい買い直すこともあると思います。

そのようなことを考えると、時間を掛けて自炊するなら、コンビニでパスタを買った方が、自炊するよりも節約になるということです。

ただ自炊してもダメ

食費の節約を考えて自炊するにしても、多くの手間を掛け時間を使っていては、節約にはならないということです。

そこで、食費の節約を考えるなら、短い時間で作れる食事を選択すると良いと思います。

自炊するといっても、無造作に食事を作っていては、節約にならないこともあり・・・

ですので、その辺を上手く考えて食事を作れば、自炊することで食費の節約の手助けになることも多いと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
食費
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ