お風呂のふたをこまめに閉めることでガス代を節約する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お風呂のガス代の節約を考える。

お風呂にお湯をためて入るという人は、お風呂でお湯を沸かす「ガス代」が気になるところだと思います。

特に、家族がいる家庭などになると何度もお湯を沸かすことになると思います。また、その家族の人数が多ければ多いほど、沸かし直す回数も増えると思います。

そのお風呂のガス代は、ガス全体の料金にすると、そこそこ大きな割合になると思いますので、そこで考えるのは、そのお風呂のガス代を節約する方法はないか?ということです。

ふたをこまめに閉める。

お風呂でガス代を節約する方法としては、お風呂のふた(フタ・蓋)をこまめに閉めることで、節約ができると思います。

お風呂のふたを閉めれば、当然お風呂のお湯が冷めるにくくなりますので、沸かし直すときの期間が短縮されます。

もしくは、お風呂のふたを閉めておけばお湯は冷めにくくなりますので、次に入る人がすぐに入れば、沸かし直しをしなくても済むという場合もあると思います。

何にせよ、お風呂のふたを閉めることで沸かし直さない、もしくは沸かし直す時間が短縮されれば、当然ガス代も節約できるということになります。

年2,000円前後の節約!

お風呂のふたを閉めることで、どのぐらいの金額が節約できるのか?

その金額としては、お風呂を沸かし直す回数により変わってくると思いますが、1年間で約2,000円前後は、変わってくるといわれています。

また、お風呂のお湯の上に「断熱シート」を敷くと、お風呂のお湯がさらに冷めにくくなりますので、お風呂のふたと兼用することで、さらに節約することができると思います。

その他

また、お風呂のお湯を沸かし直しさなくても済むように「間を開けずに入る」などの方法もあると思いますが、 家族でも、それぞれ生活スタイルが違うと思いますので、間を開けず連続してお風呂に入るのは、なかなか難しいことだと思います。

とにかく、お風呂の沸かし直しでガス代を節約する方法としては・・・

1、お風呂のふたをこまめに閉める。
2、場合よっては断熱シートを活用する。
3、間を開けず連続して入る。

上記の3つを実践することで、お風呂のガス代が節約できると思います。特に「1」は簡単な方法ですので、ガス代節約のためにやる価値はあると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク