節約のコツの一つは迷ったら買わないことが鉄則だと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本当に欲しい物を買う!

例えば、スーパーなどに買い物に行くと、あれも食べたいこれも食べたいで目移りすることも多いと思います。

そして、私自身食べることが好きですので、スーパーで肉を見ると肉が食べたい!刺身を見ると刺身が食べたい!となってしまいます。

しかし、見た物を食べたいと全て買っていては収拾が付かず、節約にはならないと思います。

そこで、食べたいと思ったら一度そこで立ち止まって、本当に食べたい物なのかを考えるようにしています。

そうすることで、無駄に食材などを買うことがなく、節約できていると思います。

迷ったら買わない選択

節約のコツの一つは、本当に欲しい物かを考えることだと思います。

そこで、欲しい物があったとしても、一瞬でもどうしようかと迷ったら、節約を考えるなら買わない選択をする方が良いと思います。

それは、迷うということは、本当に欲しい物ではないということだからです。

逆に、迷わずに買いたいと思う物があれば、節約にならなかったとしても、むしろ買うべきだと思います。

節約も必要だけどご褒美も必要

お金を無造作に使っていては、大金持ちでもない限り、いくらお金があっても足りないと思います。

そこで、お金を使うにも使うべきときにお金を使うということが、大切になると思います。

その使うべきときにお金を使うというのは、本当に欲しい物を買うということです。

しかし、節約を考えるなら、欲しくても必要がないと思う物は、買うべきではないという意見もあると思います。

しかし、生きて行く上で欲しい物を買うという、自分へのご褒美みたいなものが、トキには必要になることもあると思います。

より生活を豊かにするために!

人により「これだけは絶対に譲れない!」ということがあると思います。

それは、例えば車が好きな人は、食べることよりも服を買うことよりも、車にお金を掛けたいと思います。

そこでそういった人は、車以外で節約して、節約で浮いたお金を車に使えば良いと思います。そうすることで、より生活にハリみたいなものが生まれると思います。

節約は、単に節約するだけでなく目標があった方が、節約に対しやりがいが多く持てると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク