正月の福袋って得にも節約にもならないと思うのは私だけ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福袋について

お正月に多く売られている福袋について

私は、今まで福袋を何度か買ったことがあるのですが、一度も得したとか節約になったなどと思ったことがありません。

むしろ、福袋を買って失敗したとか損したとか、そんなことしか思ったことがありません。

その福袋について、私の失敗例を以下に書きたいと思います。

洋服の福袋

とある有名服メーカーの1万円の福袋で、3万円以上の商品(服)が入っているということで、ものは試しにと思い買ってみました。

そして、自宅で福袋の中身を確認すると、サイズが合わなかったり、色が気に入らなかったりなど、そんな服しか入っていませんでした。

結局、いらない服だからと捨てるわけにもいかず、親戚や知り合いなどに全てあげてしまいました。

それ以来、福袋を買ったことは一度もありません。

中身不明の福袋

3千円の福袋の中に、当たりの福袋を引くと「1万円の商品券」が入っているという福袋を買いました。

その福袋を買うときに、どの福袋にしようかと迷ったのですが、いろいろ迷って結局一番重い福袋を買うことにしました。

そして、自宅で福袋の中身を確認すると、皿とか茶碗とかの食器類でした。言葉悪いですが、いらないガラクタの数々でした。

結局、ガラクタといっも使えるものを捨てる気にはなれず、いつか使う日が来るかもしれないと思い、押入れの奥にそっとしまいました。

お菓子の福袋

正月に初詣に行ったのですが、その初詣の帰る途中の店で・・・

その店の店員に突然話し掛けられ、お菓子の詰め合わせの福袋が3千円ということで、何となくで買ってしまいました。

そして、自宅に帰ってその福袋の中身を確認すると、福袋とはいえない値段相応のお菓子類が入った福袋でした。

値段相応とは、3千円の福袋の中身が3千円だったということで、それならば、自分の好きなお菓子を3千円分買った方が良いと思いました。

最後に

福袋については、得することも損することもあると思います。

そして、福袋はお正月のお祝い事の一つだと思いますので、損得抜きで買って楽しむというのもアリだと思います。

しかし、私のように貧乏生が身に染みてしまっている人にとっては、福袋を買って良かったと思うことは少ないのかなと思います。

また、節約を考えるなら、上記の私の過去の失敗例を見ると、福袋には極力手を出さない方が良いのかなと思ってしまいます。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク