スーパーで惣菜や弁当を買うのは閉店前を狙うと節約になる。

惣菜など買うのはスーパーの閉店前を狙う

スーパーでは、惣菜や弁当などは閉店前になると、価格を割引して投げ売りすることが多いと思います。

それは、惣菜や弁当などは日持ちしませんので、翌日に売ることはできませんので、当日に売り切りたいと考えるからです。

そして、惣菜や弁当などの価格が割引になるので、節約を考えるなら、閉店前のスーパーを利用しない手はないと思います。

しかし、閉店前の買い物にはメリットもありますが、デメリットもあります。

安いからと無駄に多く買ってしまう

それは、割り引かれている商品を見て、いつもよりも多く買ってしまうことです。

そして、無駄に多く買うことは節約にはならず、無駄でしかありません。

また、自制心が強い人なら、無駄買いを我慢することができると思います。

しかし、自分に甘い人は、安いからとつい多く買ってしまう傾向が強いと思います。

そこで、無駄買いを自制する方法としては、買い物に必要以上のお金を持って行かないなどの方法があります。

食べたい物が売ってない可能性もある

また、例えばカツ丼が食べたいと思っていても、閉店前にカツ丼が安く売っているとは限りません。

そこで、カツ丼ではなく節約のこと考えて、別売りの安い物を食べれば・・・

無理して自分の意としない物を食べることになり、それを何度も続けていれば、ストレスが溜まることになります。

そこで、ストレスを溜めない方法としては・・・

食べたい物を我慢せず、ときには節約のことを忘れて、食べたい物を食べることも、逆の意味で節約になると思います。

それは、ストレスは節約の天敵で、ストレスのリバウンドで、無駄買いや衝動買いなどを多くしてしまうからです。

夕食に間に合わないデメリット

また、スーパーの閉店前だと、時間的に夕食後の買い物になると思います。

ですので、商品を安く買ったとしても、夜食に食べるなど以外で、当日食べることは少ないと思います。

そこで、安く買った商品は、翌日の朝食や会社の昼食に食べる。

もしくは、痛んでしまうことを考えて、最低でも翌日の夕食までには、食べ切ってしまった方が良いと思います。

また、すぐに食べないのなら冷凍することで、対応すれば良いと思います。

最後に

例えば、1つの惣菜や弁当などで、数十円から数百円の節約できれば、月ににすると数千円の節約になると思います。

そして、月数千円の節約ができるなら、結構な節約になると思います。

とにかく、節約している人の多くは、食事は自炊することが多いと思います。

しかし、惣菜や弁当などが安く買えるなら、無理に自炊しないで買ったとしても、節約になると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました