保険を見直すことは節約には大切で大きな節約になることも!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保険の節約は大切

一般的な家庭では、金額的にどのぐらい保険を掛けているのかというと、それは収入の「1/10前後」だといわれています。

それを例えば、年収が500万の人だとしたら、年間で50万前後の保険を掛けているということになります。

その50万といえば、1年間で50万ですので、保険を掛け続け数年後や十数年後で考えると、かなり大きな額になると思います。

ですので、保険の節約は節約にとって、とても大切なことになると思います。

保険の見直しについて

保険は、マイホーム、教育費、老後資金と合わせて「人生の四大支出」の一つだといわれています。

そして、長期に渡り支払いが続きますので、家計の負担で大きな部分を占めると思います。

ですので、保険の節約ができれば、家計にとって大きな節約になると思いますので、定期的に保険を見直すことが、家計の節約に繋がると思います。

また、保険は固定費になりますので、固定費を見直すことは比較的簡単で、節約でまず考えるべきことだともいわれています。

保険に加入する目的を明確にする。

保険を見直す際に重要になるのは、保険に加入する「目的」を明確にするということです。

例えば私の場合は、未婚で家族がいるわけではありませんので、死亡保障よりも医療保障の方が大切だと思っています。

ちなみに死亡保障とは、私が亡くなったときにもらえる保険金になります。

これが、もし私に家族がいるとなれば、死亡保障の方が重要になると思いますが、私には家族がいませんので、仮に大病になれば収入が途切れてしまします。

そこで、病気で入院した場合などに備えて、医療保障を多く死亡保障を少なくしています。

保険の目的に合わせて節約する。

上記の話しで、仮に死亡保障を多くすると、当然保険の掛け金も多くなります。

しかし、私は死亡保障は多くなくても良いと考えていますので、そのような保険を選ぶことで節約することができるということです。

逆に、死亡保障を多く掛けることは、私にとって節約にはなりません。

ですので、保険に加入する目的を明確にしたら、次はその目的に応じた保険を選ぶことが、重要になると思います。

最後に

保険は、基本的に社会人になってから定年退職するまでの間、長くに渡り掛ける人が多いと思います。

そこで、保険を見直すことで、大きな節約に繋がることもあると思います。

節約は、細かなことや小さなことも大切だと思いますが、保険のように大きく見直せるものがあれば、先に節約を考える方が得策だと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク