食費の節約をするには「買いだめ」するのが効率的!?

スポンサーリンク

食費の節約は節約には切っても切れない!?

節約で一番最初に思い付くのは?と聞かれたら、統計を取ったわけではありませんが、多くの人は真っ先に「食費」と答えると思います。

そのぐらい食費は、節約とは切っても切れない関係になると思います。

そんな節約には切っても切れない食費ですが、その食費を節約する方法の1つに「買いだめ」するという方法があると思います。

その買いだめなどの方法を以下に書きたいと思います。

外食は家計を圧迫する!?

そして、食費の節約で思い付く1つに「自炊する」というのがあると思います。それは、外食は家計を圧迫する1つの要因になるからです。

例えば、チャーハンを外で食べると、安いところだと500円前後、高いと1000円前後にはなると思います。

しかし、チャーハンを自分で作れば、食材の内容にもよると思いますが、100~200円もあれば作れると思います。

それは、自分で作れば外食の半額以下でチャーハンが作れるということで、自炊することがいかに安上がりかということがわかると思います。

食費の節約には買いだめが良い!?

しかし、自炊するにも高い食材を使っていては、自炊しても返って外食の方が安上がりということになってしまいます。

そこで、少しでも安い食材を使うことで、自炊が生きて来るということで、節約になるということです。

その少しでも安い食材を使う方法としては、食材が安いときにまとめてかう「買いだめ」が、節約には効率が良いといわれています。

安いときに買いだめすることで、常に安い食材が使える状態になります。

買い物の手間を省ける。

そして買いだめは、毎日買い物に行く手間も省けますので、安い食材が使えることも相まって、一石二鳥に節約には良いことだと思います。

ただし、多くの食材を買いだめすると、新鮮な食材を使えなかったり、買い過ぎてしまいその食材に飽きてしまうなどの弊害もあると思います。

そこで、買いだめするにしても「買い過ぎない」(適度に買う)ということが重要になると思います。

買い過ぎないことで、新鮮な食材を使えるし、食材に飽きることもないし、食材を腐らせてしまうなどもないと思います。

最後に

買いだめは、特に家族が多い場合などは良いと思います。

それは、家族が多ければ、多くを買いだめをしても、食べ切る(使い切る)ことができるからで、家族が多ければ買いだめは、より節約になるということです。

とはいっても、独身だったり夫婦2人の少数でも、買いだめは食費の節約になると思いますので、買いだめを活用しない手はないと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

食費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ