買い物に行く回数を減らして食費を節約する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特売やタイムセールの甘い罠

スーパーなどに買い物に行って、例えば「醤油が特売です!」などといわれると、ついつい目移りして、醤油を買いたくなってしまうと思います。

また、タイムセールなどの割引シールで、2割引、3割引、半額などのシールが貼られていると「安い!」と思って、これもまた、ついつい買いたくなってしまうと思います。

買い物に行けば、買う買わないは別にして、買い物に行った分だけ余計なものを買いたくなってしまうと思います。

買い物に行く回数を減らして節約

そこで、スーパーなどに買い物に行く回数を減らせば、自然と節約になると思います。それは、スーパーに行く回数が減れば、余計なものを買う回数が、自然と減るからです。

そして、スーパーなど買い物に行く回数としては、何回程度が良いのか?

それは、家族の人数などにもよると思いますが、一般的な4人家族で、4~5日に1回、もしくは、1週間に1回程度の買い物で良いのではないでしょうか?

そのスーパーの特徴などを覚える。

さらに、スーパーによっては、土曜日はポイントが2倍になる。7の付く日は、全商品が1%引きで買えるなど、様々なイベントをしていることもありますので、そういった日を狙って買い物することで、さらに節約ができると思います。

また、スーパーにより、値引きシールが貼られる時間などに決まりがありますので、そういった時間帯を覚えておけば、より節約ができると思います。

ちなみに、私の行きつけのスーパーでは、弁当や総菜などは、20時以降は2割引きシール、21時以降は3割引きシール、22時以降は半額シール、そのように基本なっています。

節約には、そういったことを覚えておくことも大切だと思います。

上記以外の買い物の注意点

上記以外の買い物の注意点というか、気を付けた方が良いこととしては・・・

買い物に行くときは「買い物メモ」を持参する。
買い物には必要以上のお金は持って行かない。
レジに通す前に本当に必要な商品なのか再確認する。

上記の点などに注意をして、買い物に行く回数を減らせば、自然と食費の節約につながると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク