医療保険や死亡保険は掛け捨て保険を利用することで節約する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

保険のいろいろ

保険といえば、医療保険や死亡保険、その他にもガン保険や年金保険など、いろいろな種類の保険があると思います。

その保険の中でも、多く加入されているのが「医療保険」と「死亡保険」この2つです。

そして、医療保険とは、ケガや病気などで入院や通院したときなどに、その保障として保険金がもらえるというものです。

一方、死亡保険とは、事故や病気などで亡くなったときに、受取人が保険金をもらえる保険になります。

保険での悩み

保険については、多く保険を掛ければ何かあったときに安心ですが、あまり多く掛けてしまうと家計を圧迫し、生活が苦しくなることもあります。

しかし、加入する保険を少なくすると、今度は保障が少ないので、仮に病気などになった場合には、お金のことで苦労することになります。

そこで保険については、多く入り過ぎずまた少な過ぎず、家計を圧迫しない程度で「適度」に入ることが大切だと思います。

また、家計的に保険に入るのが苦しい場合は、無理に保険に加入しなくても良い。という保険アドバイザーもいます。

そこで、利用したいのが「掛け捨て保険」です。

掛け捨て保険とは

掛け捨て保険とは、その名の通り支払った保険料が返還されない保険で、掛けたら掛けた分だけお金を捨てることになる保険です。

掛け捨て保険は、病気などをしなければ、お金を捨てる保険ですので、一般には「もったいない」とか「損している」などと思われがちです。

しかしそんなことはなく、掛け捨て保険は支払った保険料が返還されない代わりに、通常の保険に比べ安いのが特徴です。

例えば、死亡したときの保障が1000万として、通常の保険の支払いが5千円に対して、掛け捨て保険の場合は、2千円になるといった感じです。

掛け捨て保険の支払いは半分

例えば、月4000円の掛け捨て保険の保障内容は、入院1日9000円、死亡時800万になります。

この保障を通常の保険でするなら、その年齢や保険会社にもよりますが、5000円以上の支払いになる思います。

ちなみに、上記の4000円の掛け捨て保険ですが、毎年「返還金」と称して返還されるが額がありますので、実際の支払額は3000円を下回る額になります。

いいうなれば、掛け捨て保険ならば、通常の保険の半分程度の保険料で、同等の保障を受けられるということです。

しかし、通常の保険(貯蓄型保険など)では、将来的に保険料が返還されたりしますので、どちらの保険が良いとは一概にはいえません。

私の保険に対する考え方

しかし、節約を考えるなら掛け捨て保険で、毎月支払う保険料を少しでも安くして、保障を大きくする方が良いと思います。

それは、あくまでも私の考えですが・・・

理由は、将来的にわからない病気やケガや事故などのことを考え、多くの保険料を払うよりも、今のことにお金を使う方が良いと思うからです。

とにかく、保険については掛け捨て保険というのもがあり、掛け捨て保険を利用することで、今使えるお金に余裕を持つことができます。

そういった意味で、保険を掛け捨てにすることは、節約している面もあると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク