カット野菜を使って体に良い食事で節約する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カット野菜は節約になる!?

例えば、鍋を作る場合、白菜、ニンジン、シイタケなど、単品で野菜を買うとなるとそれなりの値段になると思います。

そこで家族が多いなら、単品で野菜を買っても食べ切れると思いますが、独身などの独り身になると、食べ切れない量となってしまい、場合によっては捨てる羽目になることもあると思います。

そして、食材を捨てるのは、当然「無駄」だし「もったいない」でしかなく、節約を考えるなら、極力避けるべき行為だと思います。

そこで、野菜を捨てずに食べ切れる量を使いたいと言う場合には「カット野菜」を利用すると良いと思います。

種類が豊富なカット野菜

カット野菜とは、あらかじめいろいろな野菜(1種類の場合もあり)がカットされ、袋詰めされた商品のことです。

最近では、このカット野菜も種類が多くなり、サラダ用、ラーメン用、鍋用などと、用途別に分かれカットされた野菜が袋詰めされていますので、使い勝手が良いと思います。

特に、私のような独身の一人暮らしと言う人には、カット野菜は何かと重宝する商品だと思います。そして、野菜がカットされていますので、そのまま使えるのも便利だと思います。

単品で野菜を買うと高い!

上記の鍋を例にすると、鍋をするのに、キャベツ400円、ほうれん草300円、にんじん200円など単品で買うとなると、軽く1,000円は超えてしまうと思います。

しかしカット野菜なら、その全ての野菜が入って200円前後で売られていますので、そちらを買った方が節約になるという場合もあると思います。

また、カット野菜が1袋で足りないという場合には、2袋買っても400円前後ですので、やはりカット野菜の方が便利だし安いということになると思います。

何よりカット野菜は、その名の通り野菜がカットされていますので、買った野菜をカットせずそのまま使えますので、手間いらずでとても便利だと思います。

カット野菜は体に悪い!?

カット野菜は「体に良くない」なとど言われていますが、そのようなことはないそうです。

その体に悪いとは、例えば、野菜を腐らせないように「防腐剤」を使っている。野菜を洗うのに「漂白剤」を使っている。などのことです。

しかし、私がネットで調べた限りでは、そのようなことはなく、体に悪いものを使っていると言うのは噂でしかないそうです。

最後に

カット野菜は、いろいろな種類の野菜が食べられ、1袋1~2人前となっていますので、使い勝手が良く、とても便利で節約に役立つと思います。

そして、いろいろな野菜を一度に食べられますので、健康にも良いと思います。

もちろん、大人数で食事をするなどのときは、普通に単品で野菜を買った方が安いということもあると思いますが、それはその時々で使い分ければ良いと思います。

とにかく、カット野菜を使ったことがないと言う人などは、一度使ってみることをオススメします。きっと節約の役に立つこともあると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク