ケチじゃなくて節約してるんですけど!ケチと節約の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケチと節約は違います!

少しでも多くのお金を貯金をするためには、お金を稼ぐだけでなく「節約」することも大切だと思います。

特に、目標や目的などがあり、お金少しでも多く貯めたいと思っている人などは、お金を稼ぐだけではなく節約することが大切になると思います。

しかし、一生懸命節約していると、人によってはそのことを節約ではなく「ケチ」と思う人もいるようで、ときには周りを不快にさせてしまうこともあるようです。

また、私自身も知人や会社の人などに節約の話しをすると、人によっては私のことをケチだと思う人も中にはいるようです。

ケチと節約の違いとは

では、ケチと節約の違いとは何なのでしょうか?

・必要な所まで削るのがケチで、不要な部分を削るのが節約

・必要なときやみんなで出し合わないといけないときでも、お金を出し惜しみするのがケチ

・ケチはお金を必要以上に出し惜しむ。節約はムダを省いて費用をキリ詰める。

・節度を超えた節約がケチ

それ以外にも、お金を使わないことにムキになっている人、自己投資を惜しむ人などもケチだとの意見も出ています。

ケチな人の特徴

そこで、ケチの人の特徴とは何なのかというと・・・

・人にお金を使うことができない。
・いつもお金がないといっている。
・基本的にまわりの目を気にしない。
・他人にどう思われようが、自分さえ良ければ問題ない。
・なかなか物を捨てられない。

自分のことだけでなく、誰かのために使う必要なお金も、なりふり構わず惜しむのが、ケチの人の特徴だと思います。

ケチの人の具体例

ケチの人は、人を不快にさせたり迷惑を掛けたりすることも多いとのことです。

それは、例えばケチに徹するあまり他人におごってもらうことを当然としていて、それでは毎回お金を出す方は、不快な気分になると思います。

また、お金がないわけでもないのにお金がないフリをして、無理やり自分の分のお金を出させたりして、器の小さい人だと嫌われることもあるそうです。

それ以外にも、例えば一緒に外出するときに、車を出さない、ガス代を出さない、駐車料金を出さないなどの人もいるようす。

最後に

節約に熱中するあまり度が過ぎて、周りからケチと呼ばれ孤立することもあると思います。

そこで、ケチは周りを不快にさせたりするとなどもあると思いますので、自分がケチだと思う人は、ケチを治す努力をした方が良いと思います。

それは、ケチなことで、例えば職場で孤立したり仕事がやりにくくなったりなど、ケチをして小銭が貯まるよりも、その方が大変だと思うからです。

とにかく、節約も度が過ぎるとケチになると思いますので、生活などに支障が出るような過度な節約は止めて、適度に節約することが大切だと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク