細かすぎる節約はむしろ無駄で費用対効果が大切だと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

細かすぎる節約は考え物?

節約することは、とても良いことだと思います。それは、お金を無駄に使わないことに繋がりますし、エコで環境にも良いなどがあると思うからです。

そして、お金が残れば貯金ができますし、そのことで貯金が多くなれば、気持的に余裕も出て来ると思います。

さらに、節約して浮いたお金を自分のために使えれば、なお効果的だと思います。

しかし、節約するにしても1円や2円のためだけに節約をするというのは、それは細かすぎてどうなのかと思います。

時間の無駄使い

例えば、調味料を買いたいと思ったときに、自宅から近いA店なら「100円」で買えます。しかし、離れたB店に行けば「99円」で買うことができます。

そこで、極端な例ですが、節約と称して1円のために、わざわざ遠いB店に行くのはどうなのかということです。

もちろん、節約のことを考えたら、1円でも多く節約できるのは良いことだと思います。

しかし、遠いB店に行けば、それだ無駄な時間を使うわけですから、1円の節約のためにお金ではなく、今度は「時間の無駄使い」となってしまいます。

費用対効果を考える。

そこで、考えることは「費用対効果」ということだと思います。

例えば、時給1200円で働いている人は「10分」働けば「200円」(1200÷60分×10分)になるわけです。

そして、上記の話しを例にすると、近いA店と遠いB店に行くのに10分差があるとすると、遠いB店に行って200円以上の節約ができるのなら、費用対効果があるということです。

逆に、節約できる金額が199円以下なら、費用対効果は少ないということになり、わざわざ遠いB店に行ってまで買い物をするのは、無駄になる可能性が高いということです。

無駄な節約は逆に浪費?

もちろん、小さな節約の積み重ねが、最終的に大きな節約に繋がると思いますので、細かな節約にも気に掛けるのが節約の基本だと思います。

それは「塵も積もれば山となる」ということわざがあるぐらいですからね。しかし、小さ過ぎる積み重ねは、どんなに積み重ねてみても小さいままです。

さらに、時間を無駄にする節約は、それは節約とはいわず、むしろ「浪費」だと思います。

また「時は金なり」ではないですが、お金と同時に時(時間)も大切ですので、時を無駄使いしないためにも費用対効果が節約には大切になるということです。

最後に

そこで、節約するにしても費用対効果を考えて、節約に励むべきだと思います。

でないと、いろいろな意味で疲れるばかりで、それならば、返って節約などしない方が良いという場合も出て来ると思います。

ですので、節約と一言でいっても、ただ安いものを買うだけが節約とはいえず、難しいとは思いますが、費用対効果を考えることも節約になると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク