固定電話をひかり電話(光電話)にすることで節約する方法

スポンサーリンク

固定電話を持たない人が多い。

一般に広くスマートフォンが普及したことで、スマートフォンをメインで使っているので、固定電話は持たない。という人が多いと思います。

とはいえ、固定電話を持っている。もしくは、固定電話を実際に使っているという人は、私も含めて多いと思います。

そして、固定電話を持っている理由としては、信用に繋がる、通話料が安い、連絡用に必要、事務所や店舗用などで使う。

固定電話を持っているのは、上記のような理由などがあると思います。

私が固定電話を持ち続けている理由

ちなみに私は、クレジットカードや証券会社の口座など、固定電話の番号で登録していますので、固定電話を持ち続けているというのがあります。

その他には、固定電話を持っていることで、通話料が安いなどがあり、固定電話を未だに持っているというのがあります。

そこで、固定電話の料金を節約したい人は「ひかり電話」(光電話)がオススメです。

しかし、ひかり電話は「インターネット(光回線)とセット」になりますので、ひかり電話だけを利用することはできません。

ひかり電話とは、光ファイバー網を利用した電話サービスになります。

ひかり電話(光電話)がオススメ!

固定電話とひかり電話の料金を比較した表が下記になります。

固定電話 ひかり電話
基本料金 1,700円 500円
固定電話3分 8円~80円 8円
携帯電話1分 20円~40円 16円

上記は、あくまでも概算になりますが、上記を見るとひかり電話の方が、基本料金も通話料も安いことがわかります。

そして、ひかり電話に変更するだけで、基本料金が「毎月1000円以上」も節約することができ、通話料も節約することができます。

ひかり電話でする注意点

上記にも書きましたが、ひかり電話は「インターネット(光回線)とセット」になります。

ですので、インターネットを導入していない家では、ひかり電話だけを入れるということはできませんので、その点で注意が必要です。

変更方法は、ネットを契約している会社に連絡すればいいだけですので簡単です。

そして、基本的に難しい手続きなどはありませんし、工事なども特にしませんので、変更は簡単にできると思います。

※ ひかり電話の詳細については、契約してるネット会社にお問い合わせください。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!