薬の節約は市販薬よりも処方薬の方がコスト的に安くなる!?

スポンサーリンク

薬の節約には市販薬か処方薬か

一般的に薬は、市販薬よりも処方薬の方が、安いと言われています。

しかし、処方薬が安いと言っても、病院に行った初診料や診察料などを加味すると、一度だけしか使わない薬なら、市販薬の方が安いと思います。

では、なぜ処方薬の方が、安いと言われているのか?

それは、継続的に使う薬の場合には、初診料などは一度取られるだけですので、結果的に安くなるということです。

なぜ処方薬の方が安いのか?

基本的に、市販薬よりも処方薬の方が安いのが一般的です。それは処方薬は、国民健康保険などの保険で、薬代が割り引かれているいるからです。

ただそれも、医師が患者の症状に合わせて薬を処方するので、市販薬にはない成分が含まれる場合もあります。

そのために市販薬よりも、薬代が高くなる場合もあります。

ただし、医師が患者に合わせて処方した薬ですので、市販薬よりも効果が高いものが多いとされています。

そして、薬は効果があってこそ、初めて薬として役に立つと思いますので、値段が多少高くなったとしても、医師が処方した薬の方が良いと思います。

結局どっちが良いのか?

そこで問題になるのは、節約を考えるなら市販薬と処方薬、どちらが良いのかと言うことになると思います。

そして、節約を考えた場合は、市販薬よりも処方薬の方が、コストパフォーマンスを考えた場合には良いと思います。

それは上記にも書いた、薬は効果があってこそ、初めて薬として役に立つからで、市販薬の場合は、効果がない(自分に合ってない)場合も多いと思います。

そのことで、いろいろな種類の薬を買うなら処方薬の方が、結果として安くなる場合が多いと思います。

使い分けることが大切

事前に効果がわかっている薬なら、わざわざ病院に行って、診察料など払うのは無駄になると思いますので、市販薬で良いと思います。

逆に今の病気が、どういった病気なのかわからない場合には・・・

自分で勝手に、病名を判断することなく病院に行った方が、自分に合った薬を処方してもらえますので、処方薬の方が結果的に安くなると思います。

とにかく、市販薬か処方薬かの節約の判断は、上記に書いた用途により上手く使い分けることで、薬の節約になると思います。

最後に

頻繁に市販薬を購入している人、病院に度々掛かっているという人などは、節約を考えるなら薬の節約は大きいと思います。

また、市販薬だと1千円とか2千円とか平気でしますので、節約を考えた場合は、本当に必要な薬なのか注意して購入すべきだと思います。

それは、節約で1円2円を無理して節約しても、無駄に薬で1千円2千円と高い薬を買っていては、節約した意味がなくなってしまうからです。

ということで、節約で特に薬を多く使うと言う人は、薬の節約は重要になると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ