お酒が好きな人でも苦も無く酒代を節約する方法あれこれ

スポンサーリンク

お酒が好きな人の行動

お酒と言えば、好きな人は「毎日飲まなけれ気が済まない!」という人もいると思います。

それは例えば、仕事終わりに会社の同僚や上司などと、お酒が飲める飲食店や居酒屋などに行くとか・・・

もしくは、自宅で晩酌するとか、寝る前にちょっと一杯など、そんな人もいると思います。

特に、夏の暑いときのビールとか、風呂上りのビールとか、冬の寒い日の熱燗(あつかん)などは、お酒が好きな人にはたまらないと思います。

酒代の節約はしたいけど…

しかし、お酒を飲めば飲むほど、それだけ酒代が掛かってしまうのも事実で・・・

そして、お酒を飲めば飲むほど、家計が苦しくなってしまうのも、それもまた事実になると思います。

そこで、少しでも酒代を安くしたいと思うのは、特に節約を心掛けている人などは、思うことになると思います。

しかし、酒代を安くしたいからと、お酒を飲む量を減らしたり少なくすれば、好きなこと(嗜好品)を一つ奪われことになります。

酒代の節約方法①

人生において、いくら節約したいからといって、好きなことを無くしてしまうのは「本末転倒」だと思います。

そこで、お酒の量を減らすしたり少なくしたりすることなく、酒代を節約する方法を以下に少し書きたいと思います。

まず、簡単で多くの人が実践している方法は「安くお酒を買う」とか、通常のビールを「安い発泡酒に変える」などの方法になると思います。

そして、その手の酒代の節約方法は、簡単にできることだと思います。

酒代の節約方法②

その他では、焼酎の水割りを飲むとか、ウイスキーの水割りを飲むとか・・・

それほど高くない、焼酎やウイスキーを買って水割りなどで飲めば、それだけかさ増しできますので、酒代を安くできると思います。

また、安くお酒を買うのと同じ方法ですが、元々安く売っている酒店でお酒を買えば、お酒を安く買えると思います。

さらに、居酒屋に行くなら割引券を使うとか、スーパーなどでお酒を買うなら、安売日やセールを狙って買えば安く買えると思います。

酒代が家計を苦しめる。

お酒を多く飲む人には、その酒代は家計にとって、痛い問題になると思います。

そして、私自身はお酒をほぼ飲みませんので、酒代で家計が苦しくなる。と言うことは、全くないのですが・・・

しかし、人づてに話しを聞くと、お酒を飲まなければ、貯金ができるとか家族で旅行に行けるなど、お酒で多く出費している人もいます。

そこで、そんな酒代を少しでも節約するには、上記の方法を試す価値があると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

食費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ