市販薬はドラッグストアよりネットで買う方が節約になる。

市販薬の値段について①

数日前に、ある市販薬を買おうと思いました。

そこで、ネットでその市販薬の値段を調べたところ、その値段は「400円」でした。

そこに、送料が「160円」掛かりますので、合計すると「560円」でした。

一方、ドラッグストアに行って、同じ市販薬の値段を見たところ「920円」でした。

その値段差は「360円」になります。

市販薬の値段について②

それは、安い市販薬でも360円も、値段に差があるということです。

また、別の市販薬も調べたのですが、その値段はネットだと「1040円」(送料込)でした。

一方、ドラッグストアの値段を見ると「1540円」で「500円」もの差がありました。

こうして改めて調べて見ると、市販薬はネットで買った方が安いと思います。

ただし、全ての市販薬がネットの方が安いかは、実際に全てを調べたわけではないので、不明になります。

還元されるポイントを考える。

さらに、例えば楽天などで買うとドラッグストアより、ポイントが多く還元されます。

そういったこと加味すると、やはり市販薬はネットで買った方が、節約になると思います。

ただし、市販薬の種類によっては、値段が高いネットショップもありますので、気を付けた方が良いと思います。

また、送料が高い場合もありますので、送料をプラスするとお得感がない、という場合もあると思います。

さらに送料をプラスすると、ドラッグストアで買った方が安いという場合もあります。

薬がないと生活に支障が出る。

私は長年の頭痛持ちで、定期的に市販の頭痛薬を買っています。

また、アレルギー性鼻炎もあって、鼻炎止めの薬を手放すことができません。

仮に鼻炎薬がなく鼻炎が辛いときは、一日中鼻をかんでいる状態になってしまいます。

そのことで、仕事などに支障が出るし、普段の生活にも支障が出てしまいます。

それだけ私にとって、鼻炎の市販薬は手放せない薬になります。

ネットで買うのが安い!

市販薬がすぐに必要だという人は、ドラッグストアで買った方が早く入手できます。

そのことで、早く病気を治すことができる、そんなメリットがあると思います。

一方、すぐに薬が必要でない場合は、ネットで買った方が、節約になるメリットがあります。

また、私のように定期的に市販薬を買っているという人は・・・

事前に買う薬がわかっていますので、前もってネットで買った方が節約になると思います。

節約人気ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました