節約はしたいけど度が過ぎてケチだと思われないためには?

スポンサーリンク

節約とケチは紙一重

節約とケチは紙一重といわれています。そこで、本人としては節約しているつもりでも、他人から見るとケチだと思われてしまうことがあるそうです。

私などは、節約は大いにすべきだと思っていますので、節約することをケチだとは思わないのですが・・・

しかし、節約も度を超えてしまうとケチだと思われてしまうと思いますので、ケチだと思われたくない人は、気を付けるしかないと思います。

そこで、ケチだと思われる節約(ケチ)の例を挙げたいと思います。

デートなどのときにケチる。

デートなどのときに節約ばかりだと、相手から引かれてしまうこともあると思います。その例が以下になります。

・お金が掛かるところには行かない。

・食事は安いファーストフードやファミレスなどにしか行かない。

・誕生日などのお祝い事なのに安いプレゼント

デートなどでも節約するのは良いことだと思いますが、節約のやり過ぎには注意が必要だと思います。

そして、節約ができたとしても相手から嫌われてしまっては、元も子もないと思います。

会社の人との飲み会でケチる。

また、会社の人との飲み会でケチるシーンとしては・・・

・1円や10円単位で割り勘にする。

・クーポンが使える店にしか行かない。

・クーポンが使える料理しか頼まない。

・会社の人のおごりだと高いものばかり食べる。

会社の人との付き合いは大切だと思いますので、ケチと思われるのはデメリットが多いように思います。

その他のケチの例

上記以外のその他のケチの例としては・・・

・外食での飲み物は無料の水しか頼まない。

・旅行のお土産がショボい。

・買い物で必要以上に値切る。

・プレゼントがクーポン券など無料のもの

例えば、外食よりも自炊した方が節約になりますので、外食でケチぐらいなら外食などせず、自炊した方が良いと私は思ってしまうのですが・・・

また、ケチ例は他にもあると思いますが、今回はこの辺にしておきます。

最後に

上記の繰り返しになりますが、節約とケチは紙一重で、ケチと思われるのはデメリットが多いように思います。

そこで、節約していることをケチだと思われないようにするには「適度に節約する」ということが大切になると思います。

しかし、適度に節約するということが難しく、一般的に考えてケチだと思うような行動がケチに当たると思います。

ですので、そのような行動に気を付けることが、ケチだと思われないようにすることだと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ