節約のモチベーションを保つのは難しいと思います。

スポンサーリンク

節約を続けるのは難しい

節約のために、例えば食費を節約するなら、自炊するのはもちろんですが・・・

安い食材を探して買うとか、見切品を買うとか、特売日に買い物に行くとか、いろいろ方法はあると思います。

そして、そういったことをすれば、節約になると思います。

しかし、節約も気を張って長く続けていると、どこかでハメを外したくなります。

そこで、今日ぐらいは良いかと思い、高い食材を買ってしまったりします。

節約で陥る自己嫌悪

そして、高い食材を買ってしまい思うのは「なぜ我慢できなかったのか?」と思い、自己嫌悪に陥ることです。

そして、自己嫌悪に陥ることで、さらにハメを外してしまいます。

それは「もう節約なんてどうでもいいや!」と思い、節約を諦めてしまい、節約に関係なく欲しい物を買ってしまう。

それをいうなれば「節約のリバウンド」ともいうべき行為になります。

節約を長く続けることは、それだけ難しいということです。

ときにはハメを外すことも!

そこで、節約のモチベーションを保つには、ときにはハメを外すことも必要です。

それは、上記に書いたように、やたら勝手にハメを外すということではなく・・・

例えば、食費の節約なら、一週間のうち6日間は節約するけど、1日だけはハメを外しても良い日を作る。

もしくは、一万円の節約ができたら、そのうちの千円だけは、好きな物を買っても良いとか。

ハメを外す方法は、人により千差万別で、いろいろ方法があると思います。

節約のリバウンドを防ぐ

とにかく、根(こん)を詰めて、節約をずっと続けていると、どこかでリバウンドが来るということです。

そのことで、節約を諦めて止めてしまう。ということにもなりかねないと思います。

そこで、上記に書いたハメを外すというのは、節約では重要になると思います。

そして、それを知っていて節約するのと、知らずに節約するのとでは、大きな違いがあると思います。

それは、知らずに節約するのは、節約自体を止めてしまう可能性があるということです。

最後に

節約は、短期でするものではなく長きに渡り、長期で考える必要があると思います。

そこで、自分ができる範囲で、楽してコツコツ節約するのが良いと思います。

しかしそうはいっても、いざ節約するとなると、必要以上に頑張ってしまう人がいるのも事実です。

しかし、必要以上に節約を頑張る必要ははいと思います。

それは、節約でも何でもそうですが、無理は大敵ですので、ときにはハメを外すことも大切だということです。

節約人気ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました