夏のお風呂で朝から水を張ることでガス代を節約する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガス代の節約にはお風呂が重要!

ガス代を節約するポイントとして「お風呂」はとても重要だと思います。

特に、毎日のように湯船に浸かるという人は、お風呂の入り方などを少し工夫をするだけで、ガス代を節約することができると思います。また「夏」のお風呂は、ガス代を多く節約するチャンスとなっています。

その夏のお風呂でガス代を多く節約する1つの方法があります。

夏のお風呂でガス代を節約する方法

それは、朝からお風呂に水を張っておくことで、日中の暑いときに湯船の水温を上げてしまうということです。夏の暑さでお風呂の水度が上がるため、短い時間でお風呂を沸かすことができますので、ガス代が節約ができます。

また、夏は「シャワー」という人も多いかもしれませんが、湯船の水が暖かければ、その水を使うことでシャワーのガス代を節約することができます。

場合によっては、湯船の水を使うことでガス代だけでなく、シャワーの出しっぱなしなどもなくなりますので、水道代の節約にもなるかもしれません。

とにかく、湯船に浸かるにしろシャワーにしろ、夏は朝からお風呂に水を張って日中の暑さで水を温めることで、ガス代の節約が出来ると思います。

水を張るときのポイント

最後に、水を張るときのポイントとしては、あまり水を多目に入れないということです。

水が少なければ当然、水温も上がりやすいので効果的です。しかし、逆に水が少な過ぎると、今度は節約できる金額も少なくなってしまいます。

そこで、適度に水を張り、適切な量の水を温めることが、節約には大事だと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク