生命保険などの保険料を月払いではなく年払いして節約する!

スポンサーリンク

保険料を年払いして節約!

保険といえば、生命保険、医療保険、ガン保険、損害保険、火災保険など・・・

保険には、いろいろな種類があると思います。

そこで、その保険料を少しでも安くする方法が、何かないかと考えたときに「年払い」する方法があります。

そもそも、保険料を年払いできることを知らない。という人も意外に多いと思います。

そこで、この際に節約のことを考えて、保険料の年払いを検討してみてはどうでしょうか?

保険料を年払いすると2~3%の割引になる。

保険料の支払は、毎月一定の金額を支払う「月払い」が一般的だと思います。

しかし、保険会社によっては、年払いできる保険会社もあります。

そこで、ある保険会社の年払いについて調べたころ、医療保険で「約3%」の割引になることがわかりました。

また、他の保険会社の医療保険では「約2%」の割引になるとのことでした。

保険を年払いで払うネックとは

しかし、保険料を年払いするとなると、一括で払うことになりますので、相応のまとまったお金が必要になります。

それは、月々の保険料が1万円の人は「年12万円」、3万円の人は年「年36万円」になります。

ですので、月々の保険料によっては、大きな額になる人もいると思いますので、保険料を年払いするのは、その点がネックになると思います。

しかし、節約のことを考えるなら保険料を年払いすれば、2%~3%前後の節約になりますので、年払いの方が良いと思います。

銀行の金利は少ない!

今の銀行の金利を考えると、ほぼ金利がないような状況です。

ですので、銀行にお金を預けておくなら、保険料を年払いした方が節約になります。

ちなみに、現在の銀行の金利は、100万を1年間預金(普通預金)しても、もらえる金利は「100円」程度です。

それを考えたら、例えば保険料を年払いして2%の割引だと、上記の100万円と比較すると「2万円」の金利が付くということです。

2万円といえば、節約としては大いと思いますので、保険料の支払いは年払いの方が良い。ということがわかると思います。

最後に

保険料の年払いについては、できる保険会社とできない保険会社があります。

ですので、自分が加入してる保険について、年払いできるか自分で調べる必要があります。

また、生命保険や医療保険だけでなく、損害保険や火災保険なども、年払いにできる可能性があります。

そして、年払いできれば、それだけ節約になりますので、保険の年払いを検討する価値はあると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

保険
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ