新聞を読む時間がないか読まないなら解約して節約する。

スポンサーリンク

ネットを使えばニュースは見れる。

ネットを見れる環境があれば、その日に起きた一通りのニュースは見れると思います。

そこで、新聞は必要ないと思うのですが、それでもまだ新聞を取っているという人は、少なくないと思います。

そして、私自身も過去に新聞を取っていましたが、今後新聞は必要ないと思い、10年以上前に新聞を取るのを止めました。

それは、ネットを使えばその日のニュースは見れますし、何より新聞をそれほど読んでいかなったからです。

テレビ欄がメインの新聞

私が新聞を取っていたときには、主にテレビ欄しか読んでいませんでした。

それ以外で読むといえば、スポーツ欄をたまに読んだり、新聞に入っているスーパーの広告(チラシ)などを見たり・・・

また、それ以外の欄もたまに読んでいましたが、軽く読むだけでじっくりと読むことは、ほとんどありませんでした。

それを改めて考えてみると、無駄な出費をしていたと思います。

新聞を取るのが当たり前の時代

当時は、多くの人が新聞を取っていて、私自身も新聞を取るのは普通のことだし、当たり前のことだと思っていました。

また、新聞屋から定期的に洗剤がもらえたり、ときには、野球やサッカーなどの観戦チケットが貰えましたので・・・

新聞を取っていると、ときには良いこともある。そんなふうに思っていました。

しかし、ネットが普及してよくよく考えて見ると、新聞代は高いと思い、それで新聞を解約することにしました。

月4000円の出費は大きい

新聞の定期購読については、某新聞だと月4000円程度になります。

ですので、新聞を解約すれば月4000円節約できることになり、年間だと5万近くも節約できる計算になります。

それ考えると新聞代は、そこそこ大きな額になると思います。

ただし、新聞が必要で読んでいるなら、無理に解約する必要はないと思います。

それは、いくら節約がしたいからといっても、必要なものまで節約するのは、ナンセンスだからです。

無理な節約は無駄

それは、必要なものまで節約すると、あれも節約これも節約となってしまい・・・

必要以上に節約することで、節約したことが返って生活することを、窮屈(きゅうくつ)なものにしてしまうからです。

ですので、節約は「適度」にすることが大切で、無理にする節約ことは、返って良くないことだと思います。

それは、無理な節約は、無駄とか無意味だということです。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!