正月に食べるおせち料理で食費を節約する方法について

スポンサーリンク

正月といえば…

正月といえば、お年玉、年賀状、初詣、おみくじ、鏡開きなど、いろいろなことが浮かぶと思います。

そして、正月といわれて思い浮かぶことの一つに「おせち料理」があると思います。

また、正月も含めて年末年始になると、何かと出費がかさむと思います。

そこで、正月の出費を抑えて節約するために、おせち料理で節約する方法を、以下に書きたいと思います。

手作りすると手間も時間も掛かる。

おせち料理といえば、数の子やくりきんとんなど、高い食材が使われていると思います。

もちろん、中には安い食材もありますが、おせち料理を豪華にすればするほど、お金が掛かることになります。

さらに、おせち料理を手作りするとなると、手間も時間も掛かることになります。

そこで、手作りすることなくスーパーで、出来合いのおせち料理を買えば、手間と時間を省くことができます。

そして、節約はお金のことだけでなく、手間と時間を省くのも節約といえると思います。

見切品を狙う

また、12/31でも開店しているスーパーなどに行くと・・・

12/31の夜などは、おせち料理で使われる食材などが、見切品として安く売られていることがあります。

そういった見切品を狙って、夜遅くにスーパーに行くと、安く食材を仕入れられます。

また、おせち料理として売られている惣菜類も、夜遅くなどにスーパーに行くと、見切品として安く買えることもあります。

100円ショップを利用する。

また、安い食材を仕入れるのに「100円ショップ」を利用するのも良いと思います。

まず、100円ショップは「年中無休」で、営業しているところが多いですので、その点でとても便利だと思います。

また、おせち料理の食材が100円と、安く仕入れられるのも良いと思います。

おせち料理の食材として、100円ショップで売られているのは・・・

例えば「かまぼこ」「なると」「昆布巻き」など、おせち料理に使える食材が、いろいろと売られています。

最後に

上記のことで、安く食材を仕入れることで、安くおせち料理を作ることができます。

そのことで、おせち料理で食費を節約することができると思います。

さらに、おせち料理を1日で食べ切ることなく、2~3日と長く食べ続ければ、それだけ食費を節約することもできます。

そして、年末年始は何かとお金が掛かると思いますので、おせち料理で食費が節約できれば、家計が助かると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

食費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ