NHKの受信料を節約する5つの方法について

スポンサーリンク

NHKの受信料について

NHKの受信料といえば、多くの人が払いたくないと思っていると思います。

その理由は、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日など、民間放送(民放)では受信料を取らないからです。

また、テレビは見るけどNHKは見ない。という人もいると思います。

そのような人にとって、NHKの受信料は「無駄に強制的に払わされている。」と感じていると思います。

そこで、以下にNHKの受信料を節約する方法を書きたいと思います。

まとめ払い

NHKの受信料をまとめて払うことで、節約することができます。

例えば、毎月振込している人の場合、その受信料は「1310円」になります。

それを半年まとめて振込と、受信料は「7475円」になります。

その差は「1310円×半年-7475円=385円」ということで「385円」の節約になります。

ちなみに、1年分まとめて払うと「1175円」の節約になります。

家族割引

NHKの受信料には「家族割引」という制度があります。

例えば、子供が大学に通うために下宿していた場合は、同じ家族ということで、子供のNHKの受信料が「半額」になります。

また、子供のことだけでなく、単身赴任や別荘などでも半額になります。

そこで、家族割引(半額制度)が使えるのであれば、使わない手はないと思います。

条件付き免除

条件付き免除とは、聴覚障害者、重度障害者、重度の戦傷病者、災害被災者、社会福祉施設等入所者など・・・

そういった人は、NHKの受信料が「半額」もしくは「全額」免除になります。

詳しい詳細は、直接NHKに問い合わせ下さい。

参考URL:NHK受信料の窓口

最後に

上記の方法以外にも、ケーブルテレビなど所定の団体を通じて、衛星契約の放送受信料を支払う場合・・・

継続振込等の受信料額から「月200円」の割引を受けられます。

NHKの受信料は、少しでも支払いを減らしたい。というのが心情だと思います。

そこで、上記の方法でNHKの受信料が節約できれば良いと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました