節約を考えるならぺットを飼うのは維持費が掛かるのでNG!?

スポンサーリンク

ペットの維持費について

ペットの維持費については、ペットの種類やそのペットの飼い方にもよると思いますが・・・

例えば犬を飼う場合には、犬のエサ代や保険料、また定期的な健康診断や洋服代などが掛かることになります。

その維持費の合計は、月にすると1~2万以上掛かるといい、それを年間にすると12万以上になります。

それ以外にも、犬がケガや病気などになれば、さらに維持費が多く掛かることになります。

節約を考えるならペットは不要

確かにペットを飼うのに、ペットの維持費などを考えていては、飼えないという話しになると思います。

また、節約を気にするような人は、そもそもペットなど飼うなという人もいます。

しかし、上記の犬の話しになりますが、犬好きの人が犬を飼いたいと思ってしまうのは、犬好きの人が思う心情になると思います。

ですので、節約を考えるなら犬は飼うな!といってしまうと、元も子もないと思います。

節約で維持費を安くする。

そうはいっても節約を考えるなら、やはりペットは飼わない方が良いと思います。その理由は、多かれ少なかれ維持費が掛かるからです。

それでも、ハムスターやインコなどの小動物などなら、それほど多く費用が掛かるということはないと思います。

また、ペット以外の節約を多くすることで、ペットに掛かる費用を補てんすることで、ペットの維持費を安くすることができます。

それ以外にも、ペットに掛かる維持費自体を安く抑えるという方法もあります。

維持費を節約する方法

例えば、上記の犬をまた例に出しますが、犬のエサをネットでまとめて買ったり・・・

室内犬なら、トイレシートをネットでまとめて買ったり、定期的にするシャンプーなどは、ペット店に持ち込まず自分ですれば節約になります。

また、カットも自分ですれば節約になりますので、そういった細かいところを節約すれば、犬の維持費を節約できると思います。

とはいえ、多かれ少なかれペットを飼うことは、それだけ維持費が掛かることになります。

最後に

繰り返しになりますが、ペットを飼うには維持費が掛かります。そこで、節約を考えるならペットは飼わない方が良いと、個人的に私は思います。

しかし、節約はしたいけどそれ以上に癒しなどを求めて、ペットが飼いたいという人は・・・

単にペットをかわいがるだけではなく、節約することも必要になると思います。

そこで、上記のエサをネットでまとめて買ったりなどで節約すれば、ペットの維持費が節約できると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
その他
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ