寒い冬の定番の食べ物の鍋料理を作って食費を節約する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寒い冬の食べ物といえば鍋

寒い冬の定番の食べ物といえば、多くの人が「鍋」(なべ)を思い浮かべると思います。

また、鍋以外では「おでん」とか「肉まん」とか、飲み物なら「ホットコーヒー」とか、お酒なら「熱燗」(あつかん)とか・・・

冬といえば人により、いろいろな食べ物や飲み物などを思い浮かべると思います。

そこで、今回は鍋を作ることで、食費を節約する方法を下記に書きたいと思います。

湯豆腐

湯豆腐が鍋といえるかは、微妙なところになると思いますが・・・

湯豆腐といえば、多くの人が知る食べ物になると思いますので、ポピュラーな食べ物になると思います。

その湯豆腐の作り方は、豆腐を適当な大きさに切って、お湯の中に入れるだけで作れますので、簡単に作ることができると思います。

そして、豆腐の値段は1丁「40円前後」で買えると思いますので、値段も安く作れますので節約になると思います。

もやし鍋

もやし鍋の作り方は、鍋の中に水ともやしを入れて、適当に味付けして煮込むだけですので、簡単に作れると思います。

また、好みによって、豚肉を入れたり、刻んだネギを入れたり、もやし以外の野菜を入れたりすば、さらにおいしくなると思います。

もやしの値段は、1袋「30円前後」で安く買えると思いますので、もやし鍋は節約になると思います。

余りもの鍋

余りもの鍋とは、余った食材を小分けにして、それを冷凍保存しておいたものを使って鍋を作ります。

余った食材とは、例えばサラダを作ったときの切れ端だったり、焼肉をしたときの残りの肉だったり、いろいろなものあると思います。

そして、余った食材で鍋を作りますので、余った食材を捨てることなく無駄なく使えますので、節約になると思います。

残った食材を鍋に入れて煮込むだけですので、気軽に簡単に作れて良いと思います。

鍋焼きうどん

鍋焼きうどんの作り方は、鍋の中にうどんと具材とだし汁などを入れて煮込むだけですので、簡単に作れると思います。

具材については、自分の好みのものを入れれば良いと思います。さらに、余った食材などを使えれば、節約になると思います。

うどんの値段は、3玉で「100円前後」で買えると思いますので、安く作れると思います。

また、普通の量でいい人は1玉、多く食べたい人は2玉など、自分でうどんの量を簡単に調整できるもの良いと思います。

最後に

上記は鍋料理は一例で、鍋料理の種類については、いろいろあると思います。

そこで、節約できる鍋料理もいろいろあると思いますので、自分なりに鍋に入れる食材などを工夫することで、節約することができると思います。

そして、寒い日に鍋料理を食べて、心も体も温まれれば良いと思いますし、それで節約になればいうことないと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク