子供のころウチって貧乏だと思った3つ以上で貧乏確定!?

スポンサーリンク

私の家庭は貧乏?

私は、今でこそ普通に生活していますが、学生ころは貧乏な家庭の子供でした。

それは、幼稚園のころは、うちが貧乏だとは全く思いませんでしたが、小学生になり周りの友達と持ち物など比べるようになると・・・

着ている服、家に遊びに行った部屋の様子、遠足のお弁当の中身などを見て、徐々に私の家庭は貧乏なんだと、実感させられるようになりました。

そんな貧乏だと思った瞬間について、いろいろな貧乏エピソードがあるとのことで、以下に書きたいと思います。

子供のころの貧乏ネタ①いろいろ編

貧乏
・誕生日やクリスマスのプレゼントがなかった。
・ゲームを買ってもらえなかった。
・お小遣いが周りのみんなより1桁少なかった。

買えない
・子供のころお菓子を食べた記憶がない。
・自転車は知り合いや兄弟などのお下がりだった。

欲しいもの
・友達が持っているから買ってといったら怒られた。
・欲しいものをいったらうちは貧乏だと断られた。

子供のころの貧乏ネタ②食べ物編


・肉じゃがが豚肉といったら友人が驚いた。
・すき焼きは豚肉だった。
・友達の家庭のカレーは牛肉、自分の家庭は豚肉

他の家庭に比べて
・カルピスがやや薄かった。
・クリスマスにケーキはなくどら焼きだった。

家庭のルール
・回転寿司で一番安いお皿しか取ってはいけい。
・100円以上のお菓子は買ってもらえない。
・年に数回しかアイスクリームを買ってもらえなかった。

料理
・毎日同じ料理
・ごはんのおかずはふりかけだけ
・土日はいつも焼きそば

3つ以上当てはまれば貧乏確定?

上記の貧乏ネタで3つ以上当てはまる人は、ウソかホントかわかりませんが、子供のころの貧乏が確定なんだそうです。

ちなみに、私は上記のことで3つ以上当てはまっていましたので、貧乏確定でしたw

そして、私が現在節約しているルーツは、子供のころからの貧乏が原因だと思います。

それは、子供のころからの貧乏が身に染みていますので、贅沢するよりもむしろ節約していた方が、私の身の程に合っているということです。

最後に

貧乏ネタをネットで探してみると、いろいろと面白い記事が読めると思います。

特に、子供のころ貧乏だった人は「それ、ある!」と、納得して読むことができて、おもしろいと思います。

そして、節約に励んでいる人の多くは、それほどお金に余裕はなく、子供のころから貧乏だったという人も多いのではないでしょうか?

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ