節約には重要な電力自由化のメリットやデメリットなど

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電力自由化について

2016年4月に、家庭などに向け電力の小売りが全面自由化され、電力会社や電気料金のプランなどを自由に選べるようになりました。

そこで、いろいろなメリットがあるといわれています。そのメリットが以下になります。

・いろいろな電力会社が選べる。
・電気代が安くなる。
・セット割引など選択肢が増える。
・環境に配慮した電気などを選べる。

電力自由化の最大のメリット

電力自由化の最大のメリットは、いろいろな電力会社の電気料金のプランを比較して選べるようになったことだと思います。

例えば、東京では「東京電力」の電気を使っている人が、ほとんどだと思いますが・・・

しかし、東京電力以外にも、東京ガス、丸紅、伊藤忠などの大手企業が参入していますので、多数の企業の中から電気を使用する企業を選ぶことが可能になりました。

そこで、電気代を少しでも安くしたい人、セット割で電気代以外も安くしたい人、電気代が多少高くても環境に優しい電気を使いたい人など・・・

電力自由化によって、そのような多種多様な希望に対応してくれるようになりました。

電力自由化のデメリット①

しかし、電力自由化にはデメリットもあるといわれていて・・・

例えば、参入企業が多い首都圏は良いですが、地方で参入企業が少ない地域になると、競争相手がいないことで、逆に電気代が高くなる可能性があるともいわれています。

また、既存の電力会社ではなく、参入したばかりの企業を選択すると・・・

電力自由化は、今までになかった制度(取り組み)になりますので、何かしらのトラブルが発生する可能性があるともいわれています。

そこで、電力自由化といっても、メリットばかりではないことを頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

電力自由化のデメリット②

また、参入企業が多くいるため、どの企業を選んで良いのかわからないというのがあると思います。

さらに、参入企業によって電気料金のプランなども変わりますので、どのようなプランを選べば良いのか迷ってしまうというのもあると思います。

例えば、A企業だと電気代が安くなりますが、B企業を選ぶと今と電気代は変わりませんが、セット割引でネット料金が安くなるとか・・・

とにかく、いろいろな企業がありいろいろなプランがありますので、ネットで調べたり資料を取り寄せたりなどで、自分なりに検討するほかないと思います。

最後に

電力自由化は、まだ始まったばかりの制度ですので・・・

電気代が安くなるなどのメリットばかりでなく、これからいろいろなトラブルが出る可能性もあると思います。

しかし、消費者にとっては、選択技が増え電気代が安くなるなどのことは、良いことだと思います。

そこで、電力自由化については、上記などのメリット・デメリットを踏まえて、既存の電力会社から変える変えないを検討する余地があると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク