リモコンの操作だけで簡単に節約できるエアコンの節電術とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏に多く使うエアコンの節約

夏といえば、エアコンの冷房を多く使う時期になると思います。

そこで、エアコンの使い方で電気代を節約するは、どうしたらいいのかと考える人もいると思います。

その節約方法の1つに、リモコンの操作だけで簡単に節約できる、エアコンの節電術があるとのことで、以下にその説明をしたいと思います。

夏のエアコンの電気代の節約の参考になれば幸いです。

まずは自動運転で!

まずは、部屋が暑いからと、エアコンの設定温度を必要以上に低くしたり、強風にしたりするのは、間違いなんだそうです。

それは、いくら設定温度を下げても強風にしても、始めから冷たい風がエアコンから出るわけではなく、始めは生あたたかい風しか出ないそうです。

それは、エアコンがある程度運転され準備が整ってから、冷たい風が出るということです。

ですので、始めは「自動運転」にして、冷たい風が出るまで待ってから、次の操作に移った方が良いとのことです。

設定温度は徐々に下げること!

設定温度は、始めは「高目」にしおいて、徐々に設定温度を下げるのが良いとのことです。

それは、室内の温度が高ければ、24℃に設定しても28℃に設定しても、風量としては変わらないからです。

ですので、始めは高目に温度を設定しておいて、ある程度時間が経ってそれでも暑いときは、そこで始めて徐々に設定温度を下げるということです。

そうすることで、無駄に低い設定温度にすることなく、電気代が節約できるということです。

風向を自分に当てる!

風向を自分に向け当てることで、風量が少なくても設定温度が高目でも、体を冷やすことができます。

そのことで、風量を少なくし、設定温度を高目にできるため、エアコンの電気代を節約することができます。

ただし、エアコンの風が直接体に当たると、人によっては必要以上に寒さを感じてしまったり、体調を崩してしまうなどの人もいると思います。

そのような場合には、すぐに風向を変えるかもしくは、エアコンをすぐに消すかで対応すれば良いと思います。

最後に

それでも、どうしても暑いというときは、はじめて設定温度を下げれば良いと思います。

上記のことを実践することで、無駄に設定温度を下げたり強風にしないことで、必然的に電気代が節約になります。

ですので、まずは設定温度を低くしないことを考えるのが、エアコンの電気代の節約には大切なことだと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク