料理中のガス代を節約する5つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下ゆでにはレンジを利用!

野菜などを下ゆでするときには、ガスを使用してゆでるよりも電子レンジの方が節約にはオススメです。

それは、電子レンジだと、ガス代が節約できる上に、料理時間の短縮にもつながるからです。

また、野菜だけでなく、蒸し鶏や肉まんなどもガスを使わず、電子レンジを使った方が、ガス代の節約になります。

料理は中火で行う!

鍋を火にかけるとき、鍋底より火がはみ出していませんか?この状態で鍋を火に掛けていても、はみ出した部分の火については、エネルギーを無駄に消費しているだけです。

そこで、料理をする際には、節約のことを考えて、強火ではなく鍋から火がはみ出さない「中火」で行うように気をつけること。

また、料理の種類にもよりますが、料理中の火力が許すなら「弱火」の方が、中火よりもガス代の節約になる場合もあります。

料理をするときは蓋(ふた)をする!

食材を煮たり焼いたりするときには、蓋(ふた)や落とし蓋をすることで、ガス代の節約になります。

それは、蓋をすることで、熱を逃がさず食材に早く火が通るためで、調理時間が短縮になりガス代が節約できるということです。

食材を料理するときは、料理内容にもよると思いますが、なるべく蓋をする習慣や癖を付けると、知らず知ずのうちに、ガス代の節約になっていると思います。

同時調理をする!

一つの鍋で、野菜をゆでたり、パスタをゆでたり、うどんをゆでたり、卵をゆでたりなど、できるだけ同時にゆでれば一度で片付きますので、それだけガス代の節約になります。

そして、同時に調理するこで、調理時間の短縮にもなります。

また、ゆでるだけでなく、例えば、朝食のときの卵、ハム、野菜などを焼くときも、同時に焼くことで、ゆでるの同様に、ガス代を節約することができます。

余熱調理&圧力鍋

余熱調理をすることで、ガス代を節約することができます。

例えば、ゆで卵を作るときは、火を掛けっぱなしにせず、沸騰したら適当なところで火を止めるなどをして余熱調理をすれば、ガス代の節約になるということです。

その余熱調理の代表といえば「圧力鍋」を使った料理で、圧力鍋を使うことで、余熱調理の効率が上がります。当然、余熱調理の効率が上がれば、それだけ多くのガス代を節約することができるということです。

最後に

上記の5つの方法を実践することで、料理中のガス代を節約することができます。

その5つの方法、そのどれもがそれほど難しい節約方法ではないと思いますので、ガス代の節約のために、実践する価値はあると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク