給与から貯めたいお金を先取りして貯金(節約)を増やす方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

給与から先にお金を抜く!

給与をもらうと、あればあるだけ使ってしまうという人も少なくないと思います。

それは例えば、給与で20万をもらったとしたら、日々の生活中で少しづつ無駄遣いをしてしまい、次の給与をもらうまでに、給与が全てなくなってしまうということです。

そこで、お金をあればあるだけ使ってしまう人が貯金を増やすには、給与をもらったと同時に、先にお金を抜いて貯金をしてしまうという方法があると思います。

残りのお金で生活

例えば、年間24万を貯めたいと思うなら、給与をもらったと同時に2万を抜いて貯金してしまい、残りの残金で生活するということです。

上記の20万でいうなら、20万から2万を抜いて、月18万で生活するということです。

そして、18万しかないとなれば、そのお金の範囲内で生活しなければなりませんので、自然と18万に合わせた生活になると思います。

要は、強制的に使えるお金を少なくすることで、そのお金の範囲内で強制的に生活できるレベルにするということです。

必然的に節約することになる!?

そして、上記の話しの続きで、使えるお金が2万少なくなれば、その金額に合わせて自然と節約するようになると思います。

そこで、給与から先にお金を抜くことで、貯金も増えるし節約も身に付くしで、一石二鳥になるということです。

ただし、お金を抜く金額か多過ぎると、日々の生活がカツカツになってしまうと思いますので、注意が必要だと思います。

適度な金額を抜くこと!

それは、抜く金額が多過ぎると、生活していてもお金がなくて何もできなく詰まらないということにもなりかねないということです。

日々の生活をする中で、ある程度のお金の余裕はあった方が良いと思いますので、適度な金額を給与から抜くということが重要だと思います。

その抜く金額は、その人の給与の額や毎月の出費(固定費など)にもよると思いますが、給与に対して1~2割程が良いのかなと思います。

最後に

私自身も、昔は給与というかお金があればあるだけ使ってしまう人でした。しかしあるとき、このままではいけないと思い、毎月定期的に貯金をするようにしました。

それからは、何かあってお金が必要になっても貯金があるからと大丈夫と、気持ちに余裕を持つことができるようになりました。

貯金をするということは、そのようなメリットが多くあると思いますので、定期的に貯金をするということは、ある意味必要なことなのかと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク