セールのときに買いだめするのは節約になる?ならない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セールのときの買いだめは節約にならない!?

セールといえば、セール品として出された物が、通常価格より安く買えますので、お得に買い物ができると思います。

そこで、セールに合わせて買いだめすれば、さらに安く買い物ができますので、一見するとお得感が多いように思えます。

しかし、セールのときの買いだめは、本当にお得なのでしょうか?

セールで安いといっても、その安さだけを見て飛びついてしまうのは、無駄になり節約にならないこともあると思います。その説明を以下にしたいと思います。

賞味期限が切れれば全ては無駄!

例えば、通常1本200円で売っている醤油が、セールで半額の100円で買えたとします。半額ですのでお得だと思い、2~3本買いだめするとします。

しかし、醤油などの調味料は、家族が多いなら別だと思いますが、1人暮らしとなると使い切るまでに、半年とか場合によっては1年とか掛かると思います。

そこで、セールで安いからと2~3本買いだめしても、賞味期限が切れてしまう可能性があると思います。

当然、賞味期限が切れてしまえば捨てるしかありませんので、いくら安く買えたとしても無駄になってしまい節約にはなりません。

セールの基本鉄則とは?

そこで、セールで安いからと、やたらと何でもたくさん買えばいいというものではないと思います。

特に、上記に書いた、醤油、塩、ドレッシングなどの調味料は、家族が多い以外の人は、使い切るまでに時間が掛かると思いますので、買いだめしても無駄になることもあると思います。

ですので、セールだからといっても、すぐに使い切ることができないものを買いだめしても無駄とはいいませんが、無駄になることが高いということです。

そこでセールでは、現在切れている物や、早くに使い切ることができる物を買うのが、セールでの買い物の基本鉄則だということです。

最後に

また、例えば、セールで肉が100g100円で安く売っていたとします。そこで、安いからと200g程度なら、買ったとしても1~2日で食べ切れる量だと思います。

しかし、安いからと1kg(1000g)も買ってしまえば、1日では食べ切れずに、食べ切るまでに2日3日、もしくはそれ以上掛かることになると思います。

そうなると、場合によっては食べ切れず、気付いたときには腐らせてしまうという可能性もあり、無駄に捨てる可能性もあるということです。

ですので、セールで安いといっても、本当に必要なものなのか?買いだめしてもいいのか?などを考えてから買う必要があると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク