生命保険の節約は独身と家族持ちでは掛け方が違う!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生命保険で安心を買う。

万が一に備えて生命保険に加入することは、安心して日々の暮らしをするためには、ある意味必要なことだと思います。

もちろん、生命保険が必要だといっても、加入するしないは本人の考えで自由ですので、加入しないという人も中にはいると思います。

また、生命保険に加入していれば、それだけで安心ということではなく、毎日の健康に気を付けることの方が、生命保険に加入することよりも大切だと思います。

とはいうものの、少しでも安心して生活するには、生命保険のことを考えることは重要だと思います。

生命保険は少なくても多くてもダメ!

そこで、生命保険のことを考えますが、掛け金を多く掛ければ多く安心できる部分もありますが、それはそれで家計の負担になります。

一方、節約などを考えて掛け金を少なくすると、死亡や入院などの保障も当然少なくなりますので、もしものときの不安も大きくなると思います。

そこで、生命保険に加入しているは、収入に対してどの程度の割合で、生命保険を掛けているのかということですが・・・

収入の3%~5%を目安に!

その数字としては一般的に、収入に対して「3%~5%前後」といわれています。例えば、月の収入が20万円の人は、月6千円~1万円前後の生命保険に加入しているということです。

ですので、上記を例にすると、6千円以下の以下の掛け金の場合には、掛け金が少ないということになるし、1万円以上の場合には、掛け金が多過ぎるということです。

しかし、生命保険については、人それぞれで考えがあると思いますので、一概に多いとか少ないとかの判断をすることはできません。

独身と家族持ちの違いについて

そこで、生命保険をいくら掛けるのか?そして、生命保険を節約するのはどうすればいいのか?という話しなのですが・・・

生命保険は、あくまでも「もしものときのため」に加入するものです。例えば、病気で仕事ができなくなり収入が途絶えた場合の補てんだったり、自分が亡くなった場合、残された家族のためだったりします。

そこで、生命保険を節約しようと思うなら、独身なら入院保障を多くして死亡保障を少なくする。一方、家族持ちなら入院保障を少なくして死亡保障を大きくする。

それは、独身は、頼る人がいませんので、入院した時の保障を大きくしておく。一方、家族持は、頼る家族がいることと家族のことを考え、亡くなったときにお金を多く残せるようにする。そうすることで、生命保険を節約することができると思います。

当然、入院も死亡も保証を多く掛ければ安心できると思いますが、必要以上の掛け金は負担が大きくなるだけで、節約を考えるなら無意味とまではいいまでんが、考え直した方が良いと思います。

最後に

・生命保険の掛け金は、少な過ぎずかつ多過ぎずを考えること。
・収入の3%~5%前後を目安に考え生命保険に加入すること。
・独身は入院保障を多く、家族持ちは死亡保障を多く

上記を目安にすることで、生命保険を節約することができると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク