生命保険の掛け金の節約は独身と家族持ちでは違う。

スポンサーリンク

生命保険に加入して安心を買う

万が一に備えて、生命保険に加入することは、日々を安心して暮らすために、ある意味必要なことだと思います。

ただし、生命保険が必要だといっても、加入するしないは本人の自由ですので、加入しない選択もアリだと思います。

とはいえ、少しでも安心して生活するには、生命保険のことを考えるのも、重要なことになると思います。

また、生命保険に加入すれば、それだけで安心できるということはないと思います。

それは、生命保険に加入するよりも、日々の健康に気を付けることの方が、大切なことになると思います。

生命保険は少なくても多くてもダメ!

病気などの保障を考えて、掛け金を多く掛ければ、それだけ安心できると思います。

しかしそれでは、家計の負担が大きくなってしまいます。

一方、家計などのことを考えて掛け金を少なくすれば、今度は死亡や入院などの保障も少なくなってしまいます。

そこで、もしものときの不安も大きくなると思います。

そこで考えるのは、収入に対してどの程度の割合で、生命保険を掛けるのが妥当なのか、ということです。

収入の3%~5%が目安

一般的に生命保険は、収入に対して「3%~5%前後」(単身者もしくは世帯主のみ)といわれているそうです。

例えば、月収20万円(年収240万円)の場合は、月6千円~1万円前後の生命保険に加入するのが、一般的ということです。

そこで、6千円以下の掛け金の場合は、掛け金が少ないということになります。

また、1万円以上の掛け金の場合は、掛け金が多いということになります。

しかし、人それぞれ考え方があると思いますので、掛け金が多いとか少ないとかは、一概に判断することはできません。

生命保険を節約するには?

そこで、生命保険を節約するにはどうすれば良いのか、という話しなのですが・・・

生命保険は、あくまでも「もしものときのため」に加入するものです。

例えば、病気で収入が途絶えた場合の補てんだったり、自分が亡くなった場合に、残された家族のためだったりします。

そこで、生命保険の掛け金を節約しようと思うなら、独身なら入院保障を多くして、死亡保障を少なくする。

一方、家族持ちなら入院保障を少なくして、死亡保障を大きくする。

独身と家族持ちの違いについて

それは、独身には頼る人がいませんので、入院したときの保障を大きくする。

一方、家族持は病気のときに頼る家族がいますので、亡くなったときに、家族にお金を残せるように保険を掛ける。

そうすることで、生命保険を節約することができると思います。

もちろん、入院も死亡も保障を大きくすれば、安心できると思いますが、多い掛け金は、家計の負担が大きくなります。

そこで、節約を考えるなら、安心のために単に保障を大きくするという考え方は、考え直した方が良いと思います。

最後に

・掛け金は、少な過ぎずかつ多過ぎずを考えること

・収入の3%~5%前後(単身者もしくは世帯主のみ)を掛け金の目安にすること

・独身は入院保障を大きく、家族持ちは死亡保障を大きくする

上記を目安にすることで、生命保険の掛け金を節約することができると思います。

節約人気ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました