節約とケチの違いとは?根本的なところで違うと思います。

スポンサーリンク

節約とケチの違いとは?

節約をしていると、人によってはケチだという人もいると思います。しかし、節約とケチとは根本的なことろで全く違います。

それは、節約とは、必要なところにはお金を使い、必要ではないところにはお金は使わないことです。それは「倹約」するということです。

一方、ケチとは、どんなに必要があってもお金を出さないようにすることです。必要なお金さえ出し惜しみすることをケチだというと思います。

節約とケチの違いの例

また、節約をしている人の多くは、欲しい物のためだったり、将来のための貯金など、計画性がある人が多いと思います。

しかし、ケチな人は、理由がなく何事にもお金を出したくないという人が多いと思います。

例えば、食事を節約するなら、いろいろな食材を使って安く済ませる食事を作る。毎日同じ食事だと飽きるので、飽きない工夫をすると思います。

しかし、ケチな人は、とにかく安いも物をと、安ければ食事の内容などどうでも良い、安ければ、毎日同じ物を食べても大丈夫だぐらの人だと思います。

ケチは誰が見てもケチ

また、節約とケチとでは、周囲の人がどう見るかでも違うと思います。

例えば、ケチな人は、とにかくお金を使いたくありませんので、飲食店などに入っても、とにかく安いものしか食べません。

そこで、もしケチな人と一緒に食事に行くとなると、安い物しか食べませんので、場合によっては、恥ずかしい思いをするかもしれません。そして、一緒に食事に行った人は、その人のことをケチだと思うと思います。

しかし、節約をしている人は、安い物を選びますが、食べたい物の中から安いものを選びますので、ケチだと見られることは少ないと思います。

最後に

私は、生活する上で、お金は大切ですので、ケチでも一向に構わないと思います。

しかし、ケチなことで周囲から軽蔑されたり、仲間外れにされてしまったりなどで、周囲から孤立してしまっては、人生が詰まらないものになってしまうと思います。

確かにお金は大切ですので、ケチになる理由もわかります。

しかし、必要以上にけケチなのは、例えば、食べたい物も食べず、欲しい物も買わず、行きたい旅行にも行かずで、せっかくの人生を損してしまうような気がするのですが・・・

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ